ホーム > 医科専門研修 > 専門研修プログラム > 放射線科専門研修プログラム

医科後期臨床研修

更新日:2020年6月26日

放射線科専門研修プログラム

研修実施責任者

責任者 教 授:上谷 雅孝
副責任者 准教授:森川 実
放射線科専門研修プログラム

研修プログラム

■長崎大学病院 放射線科専門研修プログラム(2020年度版)

プログラムの特色

■放射線科専門医研修ガイドラインにのっとり、放射線物理や生物学の基本、各臓器(脳神経、乳腺、胸腹部、泌尿生殖器、骨軟部)の画像診断、IVR、放射線治療の全般に偏りなく研修が行われることを基本としている。
■各専門領域の指導医による教育とともに、定期的な勉強会、抄読会、各診療科とのカンファレンス、学会発表や論文作成などを通して、能動的に学ぶことを重視する。
■放射線治療については、放射線治療の患者さんを受け持つことで、全人的ながん治療の実際を学ぶことを目標としている。

2018年度 新・専攻医の声

志方 真妃 先生/卒後3年目

Q.このプログラムを選んで良かったと思うポイントは?

A. 関連施設がほとんど長崎県内で、症例数の多い病院ばかりであることです。

Q.研修施設や診療科の魅力は?

A. 症例も多く勉強する時間がたくさんあります。指導医も多くて基本的なことから専門的な事まで学べる環境が整っています。
医局の雰囲気がとっても良いです!

指導医からの声

指導医
上谷 雅孝
実臨床における放射線科の役割は、超音波検査、X線撮影やCT、核磁気共鳴検査(MRI)および核医学検査などを利用する画像診断、画像診断を応用した低侵襲性治療(インターベンショナルラジオロジー:IVR)、および放射線を使用して種々の疾患の放射線治療を行うことにあります。
放射線科領域専門制度では、放射線診断専門医または放射線治療専門医の育成の前段階として、放射線診断専門医および放射線治療専門医のいずれにも求められる放射線科全般に及ぶ知識と経験を一定レベル以上に有する「放射線科専門医」を育成することを目的としています。

ローテート案

 研修には以下の3コースが設定されています。どのコースに進むかは希望を聞いた上、相談で決定します。なお、研修期間は3年間以上です。専門研修プログラムにより研修を開始した日をもって研修開始日とします。


研修コース<例>

コース 専攻医1年目 専攻医2年目 専攻医3年目
a. 専門研修基幹施設 専門研修連携施設 専門研修連携施設
b. 専門研修基幹施設 専門研修連携施設 専門研修基幹施設
c. 専門研修基幹施設 専門研修基幹施設 専門研修連携施設

専門研修基幹施設での基本研修修了後、専門研修連携施設である関連病院で研修を行うコースです。
専門研修連携施設は原則として1年ごと異動しますが、2年間同一施設もあり得ます。いずれのコースにおいても、専門医取得と同時に大学院に進学することができます。専門研修基幹施設の長崎大学病院ならびに専門研修連携施設では、午後5時まで研修を行い、それ以降に大学院で博士号取得をめざします。


週間スケジュール (長崎大学病院放射線科の例)

 
午前 CT/MR/Xp
(読影室)
核医学 MR
(MR室)
消化管造影 病棟
午後 IVR
放射線治療カンファレンス
CT/MR/Xp
(読影室)
放射線治療
胸部外科カンファレンス
肝疾患カンファレンス
病棟回診
放射線科勉強会
医局会
IVR症例検討会
CT/MR/Xp
(読影室)
乳腺カンファレンス
整形外科カンファレンス

連携施設

長崎医療センター 長崎みなとメディカルセンター 長崎原爆病院
北九州市立八幡病院 長崎県五島中央病院 嬉野医療センター
長崎県島原病院 佐世保中央病院 聖フランシスコ病院
佐世保市総合医療センター

専攻医募集

研修年限 3年
募集人数 7名
選考方法 書類選考・面接
募集期間
採用試験
応募方法
処 遇
募集要項をご確認ください
施設見学等 随時受け付けております
こちらからお申込みください

専門医

放射線診断専門医 12名
放射線治療専門医 3名

キャリアインタビュー

先生方にご自身の10年間のキャリアについてインタビューしました!(※括弧内の年数は取材当時の医師年数です)

2016年インタビュー

2014年インタビュー

  • 医療教育開発センター
  • 病院見学
  • 募集要項
  • 説明会・イベント
  • シュミレーションセンター
  • キャリアの軌跡
  • フォト&イベント開催実績
  • カウンセリング
  • リンク集

Challenge!長崎大学病院

STAFFブログ

Facebook

看護部

薬剤部

長崎大学病院

鳴滝塾