摂食嚥下リハビリテーションセンター

当センターについて

摂食嚥下リハビリテーションセンターは、摂食・嚥下障害に対する専門外来として平成16年6月に設置され、当院入院患者様、1次、2次医療機関からの紹介患者様、通院可能な在宅患者様、施設入所中の方などを対象に外来・訪問診療を行います。嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査などの精密検査を中心に診断を行い、必要に応じた嚥下訓練や、ポジション・食形態等による代償法、食事指導、栄養指導のほか、摂食機能や構音機能改善を目的とした装置の作製も行います。

対象疾患

① 摂食嚥下障害を有する方(過食、拒食などの摂食障害は含みません)

  • 食事中のむせや嚥下困難感のある方
  • 発熱や痰などの肺炎兆候のある方
  • 誤嚥性肺炎を繰り返している方
  • どんな形態の食事を食べて良いか判断がつかない方

② 味覚障害を有する方

診療内容

① 嚥下機能評価:嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査
    機能評価の上、訓練指導、食形態指導、食事摂取方法指導、栄養指導等を行います。
    また、必要に応じて舌接触補助床や軟口蓋挙上装置の作製を行います。

② 味覚検査・治療

外来担当医

 
午前   久松徳子 久松徳子 三串伸哉 三串伸哉

医療機関のみなさまへ

歯科のご紹介・予約について

  • 長崎病診連携歯科主治医制度登録医療機関から歯科系診療部門へご紹介いただく場合は「歯科診療支援室」へのお電話で仮予約をして頂き、その後こちらの方法で、「地域医療連携センター」へ予約申込書をFAXしてください。
◎お問い合わせ
歯科診療支援室
TEL:095-819-7200(代表)