患者さん・一般の方へ

臨床研究に関する情報公開(オプトアウト) 【 集中治療部 】
 下記の研究は、通常の診療で得られた診療情報をまとめたり、当院に保管してある検体(血液検体や病理標本等)を用いたりして行います。このような研究は、国が定めた倫理指針に基づき、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るかわりに、研究の目的を含む研究の実施についての情報を公開し、さらに患者さんが利用について拒否できる機会を保障することが必要とされています。
* 利用する情報や検体からは、お名前、住所など、直接同定できる個人情報は削除します。
また、研究成果は学会や雑誌等で発表されますが、その際も個人を特定する情報は公表しません。
* 研究のためにご自身の情報が使用されることを望まれない方は各研究の「問い合わせ先」へご連絡ください。その際は研究データの中からあなたの情報を削除いたします。ただし、問い合わせの時期や取り扱う情報によっては申し出に対応できない場合がございます。予めご了承ください。
* 情報利用の拒否を申し出ても不利益を受けることはありません。
* 研究に関する情報をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報や研究全体に支障となる事項以外はお知らせすることができます。お知りになりたい方は各研究の「問い合わせ先」へご連絡ください。
  研究課題名: 本邦でのCOVID-19感染患者治療の疫学的調査
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 松本 聡治朗 (助教)
  共同研究機関 ≪研究代表機関≫
広島大学救急集中治療医学:志馬 伸朗
≪共同研究機関≫
長崎大学病院 集中治療部:松本 聡治朗
その他、全国の約20施設で実施しています。
詳しい研究機関についてお知りになりたい方は下記の「問い合わせ先」までご連絡ください。
  研究期間: 2020年8月18日~2026年3月31日
  研究目的と意義: 2019年12月、中国で新型コロナウイルス(以下、COVID-19)による肺炎の集団発生が報告されました。COVID-19による感染は世界的に拡大していますが、まだ確立された治療方法がありません。現在行われている治療は、これまでの他ウイルス疾患や肺炎などの治療の経験に基づくところが大きく、本感染の疫学的検討や治療方法に関するデータの集積・解析が、今後のCOVID-19感染症治療の確立には急務となります。本研究は、本邦におけるCOVID-19感染症における臨床データ・治療内容を後方視的に解析し、病態解明・治療法開発の一助とすることを目的としています。その結果、本研究がCOVID-19感染患者の治療に有益となると考えられます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
日本国内でCOVID-19による感染を発症した患者さん
●利用する情報
年齢・性別・基礎疾患などの背景、COVID-19治療に関するデータ、画像検査データ、血液検査データ等
本研究で利用する情報について詳しい内容をお知りになりたい方は下記の「問い合わせ」までご連絡ください。
●研究の概要・方法
当院を含め全国の多施設から研究代表機関に診療録から収集した情報を提供し、それを用いて、専ら集計や、簡単な統計処理を行う研究です。
提供する診療録のデータは、個人が特定される情報は削除し、匿名化された状態でメールなどインターネットを通じてデータとして提供します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:松本 聡治朗(医師) 長崎大学病院 集中治療部(麻酔科)
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7370  FAX:095(819)7373
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: アジアの集中治療における敗血症の疫学研究
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 東島 潮 (助教)
  共同研究機関 【多施設共同研究】
シンガポール国立大学病院呼吸集中治療学講座(代表施設)氏名:Andrew Li データは代表施設のみに送付され、他の共同機関では使用されません。本研究の共同研究機関をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
  研究期間: 2018年12月11日~2020年2月20日
  研究目的と意義: 本研究の主目的は、アジアの集中治療室における敗血症患者の発生割合、またその原因と治療法・効果を調査し、経済的高・中・低所得国間で比較検討することです。敗血症の定義付けは高所得国の患者情報を基に行われてきました。世界最大の大陸であるアジアにおける本研究の結果は、高所得国、低所得国さらには中所得国の敗血症の疫学を明らかにし、その治療効果を改善するためのプログラム確立につながる可能性があり、大変意義深い研究になります。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2018年6月11日から2019年6月10日の期間中の季節毎に一日ずつ特定された計4日間において、長崎大学病院集中治療部に入室し、敗血症を合併した患者さん
●利用する情報
診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果、ICU入室区分、重症度(SOFAスコア、qSOFA、SIRSスコア、APACHE IIスコア)、ICU入室時バイタルサイン、感染臓器、感染微生物情報、ICUでの治療内容、治療経過、治療効果、ICU入室期間、入院期間、血液ガス分析結果
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
上記のカルテ情報を用いて、敗血症患者の割合、原因、治療効果についてデータ解析を行います。データ集積には、Web上の標準化された情報集積サイトを用いて、シンガポール国立大学病院呼吸集中治療学講座に上記のカルテ情報を送付し、データ解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:東島 潮(医師)  長崎大学病院 集中治療部/麻酔科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7370  FAX:095(819)7373
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 敗血症性ショック患者における小腸粘膜障害と輸液バランスの関連
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 井上 陽香 (助教)
  共同研究機関 この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2018年11月20日~2019年9月30日
  研究目的と意義: 敗血症性ショックにおいて輸液バランスと小腸粘膜細胞障害の関連を調べることで、敗血症における腸管機能の重要性を証明し、敗血症の病態解明の一助になると考えられます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
敗血症性ショックの患者さんで2012年5月1日から、2015年3月31日の間に当院集中治療部に入室され、前向き観察研究「敗血症と消化管障害-腸型脂肪酸結合蛋白の推移-」に参加された患者さんを対象とします。
●利用する情報
前向き観察研究「敗血症と消化管障害-腸型脂肪酸結合蛋白の推移-」で収集した情報を利用します。
診断名、年齢、性別、ICU入室時のバイタルサイン、重症度スコア、昇圧剤使用量、使用薬剤、血液浄化療法の有無、血液・生化学検査、入室後7日までの輸液バランス、腸型脂肪酸結合蛋白(小腸粘膜障害の指標)、原因微生物、消化器合併症の有無、転帰などの情報を利用します。
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
上記情報のうち、入室7日目までの輸液バランスと小腸粘膜障害の指標である腸型脂肪酸結合蛋白との相関、および腸型脂肪酸結合蛋白上昇の有無による輸液バランスの差について解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:井上 陽香(医師)  長崎大学病院 集中治療部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7404  FAX:095(819)7405
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: グラム陽性菌性敗血症性ショック患者における
エンドトキシン血症と小腸粘膜細胞障害の関連
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 関野 元裕 (講師)
  共同研究機関 この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2018年8月21日~2018年9月30日
  研究目的と意義: グラム陽性菌性敗血症性ショックにおいてエンドトキシン血症を来す原因が、小腸粘膜細胞障害によるものなのかどうか関連を調べます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
敗血症性ショックの患者さんで2012年5月1日から、2015年3月31日の間に当院集中治療部に入室され、前向き観察研究「敗血症と消化管障害-腸型脂肪酸結合蛋白の推移-」に参加された患者さんのうち、原因菌がグラム陽性菌による単独感染であった患者さんを対象とします。
●利用する情報
前向き観察研究「敗血症と消化管障害-腸型脂肪酸結合蛋白の推移-」で収集した情報を利用します。
診断名、年齢、性別、ICU入室時のバイタルサイン、重症度スコア、昇圧剤使用量、使用薬剤、血液浄化療法の有無、血液・生化学検査、endotoxin activity値(エンドトキシン血症の指標)、腸型脂肪酸結合蛋白(小腸粘膜障害の指標)、原因微生物、消化器合併症の有無、転帰などの情報を利用します。
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
上記情報のうち、エンドトキシン血症の程度を表すendotoxin activity値と小腸粘膜障害の指標である腸型脂肪酸結合との相関、およびendotoxin値と臨床経過(消化器合併症、転帰)の関連について解析を行ないます。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:関野 元裕(医師)  長崎大学病院 集中治療部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7404  FAX:095(819)7405
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 敗血症患者の心房細動における発生時期や治療困難の予測因子および
予後との関連に関する研究
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 松本 周平 (助教)
  共同研究機関 この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2018年7月10日~2021年3月31日
  研究目的と意義: 敗血症とは、感染症を原因として全身の臓器機能が低下する病態です。敗血症に罹患すると死亡率は40~30%程度ともいわれており、専門的な治療が必要となります。この研究では敗血症に合併した不整脈(心房細動)の発生や治療に係わる因子を調べることが目的です。敗血症に伴うショックの治療を難しくする不整脈の特性を明らかにすることにより、不整脈治療法の開発と敗血症の救命率向上に寄与することが期待されます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2012年1月1日~2018年5月31日の間に、敗血症によって長崎大学病院集中治療部(ICU-A)に入室した患者さんで、心房細動を合併して治療を要した方を対象とします。
●利用する情報
年齢、性別、身長、体重、既往(高血圧・心疾患・脳血管障害・その他血管障害・糖尿病・肺疾患・肝硬変・透析療法・悪性腫瘍・ステロイドや免疫抑制剤使用歴)、体温・血圧・心拍数・呼吸数・意識レベル、心房細動発生時期と継続期間、心房細動の治療開始時期および治療薬、昇圧薬投与量、体液バランス、血液学的検査、血液生化学検査、動脈血血液ガス分析、ICU入室期間、人工呼吸管理や血液浄化療法の有無、予後
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
上記のカルテ情報を用いて、敗血症で入室された患者さんの心房細動発症・治療の状況と予後との関連にについてデータ解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:松本 周平(助教)  長崎大学病院 集中治療部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7370  FAX:095(819)7373
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 人工心肺補助下心臓血管外科術後の出血量調査
~術後出血危険因子と至適フィブリノゲン閾値の同定~
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 東島 潮 (助教)
  共同研究機関 この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2017年8月22日~2021年3月31日
  研究目的と意義: 長崎大学病院で人工心肺を使用した心臓血管外科手術の術後出血量を調査します。この結果を基に出血を引き起こしやすい要因や、輸血の指標となる検査値の基準を同定します。
  研究内容: ●対象となる患者さん
長崎大学病院で2015年4月1日から、2017年3月31日の間に、人工心肺を使用した心臓血管外科手術を受けられた患者さんを対象とします。
●利用する情報
・術後ドレーン排液量
・血液学的検査:白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、血小板数
・血液生化学検査:CRP、クレアチニン、GFR
・血液ガス:pH、PaO2、PaCO2、BE、HCO3-、Lactate、Na、K、Cl、Ca
・血液凝固系検査:PT、APTT、fibrinogen、ATⅢ、FDP、D-dimer ・患者情報:年齢、性別、身長、体重、基礎疾患、手術歴、診断名、術式、人工心肺時間、人工心肺パラメーター、大動脈遮断時間、完全循環停止時間、脳分離時間、麻酔時間、手術時間、術中出血量、カテコラミンインデックス、血液浄化療法の有無、人工呼吸器装着期間、nasal high flow使用の有無、術中術後の輸血量(濃厚赤血球製剤、新鮮凍結血漿、濃厚血小板製剤)、術後抗不整脈薬使用量
●研究方法
上記情報に関して、心臓血管外科術後の出血危険因子と術後の至適フィブリノゲン値を同定することを目的として統計学的解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:東島 潮(医師)  長崎大学病院 集中治療部/麻酔科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7370  FAX:095(819)7373
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 重症患者の新規心房細動に関する多施設レジストリの構築
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 井上 陽香 (助教)
  研究期間: 2017年2月28日~2019年3月31日
  研究目的と意義: 日本国内の重症患者さんにおける新規心房細動に関する診療実態を調査し、その結果を重症患者さんにおける新規心房細動の診療の質の改善を目指した研究の基盤とします。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2017年2月28日より2018年3月31日までに、当院集中治療室に入室され初めて心房細動を発症した患者さん。
●利用する情報
この研究では心房細動発生時、発生直前、直後~7日後までの患者背景やバイタル、検査値、治療内容や、転帰時(ICU退室時、病院退院時)の情報を収集します。
詳細な情報項目が知りたい方は下記へお問い合わせください。
●研究方法
当院を含む日本の複数の集中治療室で収集した上記の情報は、本研究の主幹施設である東京慈恵会医科大学附属病院に集約し、データベースを構築します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:井上 陽香(医師)  長崎大学病院 集中治療部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7370  FAX:095(819)7373
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 人工心肺補助下心臓血管手術後患者の急性腎障害発症危険因子の解析
~人工心肺補助中の危険因子の同定~
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 東島 潮 (助教)
  研究期間: 2017年2月28日~2018年3月31日
  研究目的と意義: 当院における心臓血管周術期の急性腎障害発症危険因子の同定を行います。これにより、心臓血管外科周術期管理の質の向上が望め、予後の改善に寄与することができます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2016年1月1日~2016年12月31日までに当院で人工心肺を使用した心臓血管外科手術を受けた患者さん。
●利用する情報/試料
・血液学的検査:白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、血小板数
・血液生化学検査:CRP、クレアチニン、GFR
・血液ガス:pH、PaO2、PaCO2、BE、HCO3-、Lactate、Na、K、Cl、Ca
・血液凝固系検査:PT、APTT、fibrinogen、ATⅢ、FDP、D-dimer
・患者情報:年齢、性別、身長、体重、基礎疾患、手術歴、診断名、術式、人工心肺時間、人工心肺パラメーター、大動脈遮断時間、完全循環停止時間、脳分離時間、麻酔時間、手術時間、術中出血量、カテコラミンインデックス、血液浄化療法の有無、人工呼吸器装着期間、nasal high flow使用の有無、術中術後の輸血量(濃厚赤血球製剤、新鮮凍結血漿、濃厚血小板製剤)、術後抗不整脈薬使用量
●研究方法
上記情報に関して、心臓血管外科周術期の急性腎障害発症危険因子を同定することを目的として統計学的解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:東島 潮(医師)  長崎大学病院 集中治療部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7370  FAX:095(819)7373
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 長崎大学病院における経皮的心肺補助装置患者の後方視的検討
~予後予測因子の解析~
  所属(診療科等): 長崎大学病院 集中治療部
  研究責任者(職名): 東島 潮 (助教)
  研究期間: 平成28年2月17日~平成29年3月31日
  研究目的と意義:

人工心肺の治療効果を予測するための効果的な指標を確立させることが目的です。

これにより人工心肺を併用したICUでの全身管理をより適正化することが可能となると考えます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2009年4月から2017年3月31日までに経皮的心肺補助装置を導入され当院ICU-Aに入室した患者さん
●利用する情報/試料
・血液学的検査:白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、血小板数
・血液生化学検査:総タンパク、アルブミン、AST、ALT、CK、CKMB、LDH、Mg、P、Ca
・血液ガス検査:pH、PaO2、PaCO2、BE、HCO3-、Lactate、Na、K、Cl、Ca
・血液凝固系検査:PT、APTT、fibrinogen、ATⅢ、FDP、D-dimer ・患者情報:年齢、体重、身長、性別、基礎疾患、手術歴、カテコラミンインデックス、PCPS導入理由、APCHEⅡスコア、PCPS離脱の有無、PCPSサポート期間、出血性合併症の有無、下肢虚血の有無、大動脈内バルーンパンピングの有無、血液浄化療法の有無、PCPS管理中の心肺蘇生の有無、PCPS導入前の意識レベル、予後(生存、死亡)、院内死亡率、ICU死亡率、ハートコールの有無、感染症合併の有無
●研究方法
上記情報に関して、予後に影響を与える因子を同定するため統計学的解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:東島 潮  長崎大学病院 集中治療部/麻酔科(医師)
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7370  FAX:095(819)7373
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)