患者さん・一般の方へ

臨床研究に関する情報公開(オプトアウト) 【 病理診断科・病理部 】
 下記の研究は、通常の診療で得られた診療情報をまとめたり、当院に保管してある検体(血液検体や病理標本等)を用いたりして行います。このような研究は、国が定めた倫理指針に基づき、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るかわりに、研究の目的を含む研究の実施についての情報を公開し、さらに患者さんが利用について拒否できる機会を保障することが必要とされています。
* 利用する情報や検体からは、お名前、住所など、直接同定できる個人情報は削除します。
また、研究成果は学会や雑誌等で発表されますが、その際も個人を特定する情報は公表しません。
* 研究のためにご自身の情報が使用されることを望まれない方は各研究の「問い合わせ先」へご連絡ください。その際は研究データの中からあなたの情報を削除いたします。ただし、問い合わせの時期や取り扱う情報によっては申し出に対応できない場合がございます。予めご了承ください。
* 情報利用の拒否を申し出ても不利益を受けることはありません。
* 研究に関する情報をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報や研究全体に支障となる事項以外はお知らせすることができます。お知りになりたい方は各研究の「問い合わせ先」へご連絡ください。
  研究課題名: 病理診断にAIを応用するためのデータ処理に関する研究
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: 長崎大学病院(代表施設)   氏名:福岡 順也
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
メディカルビジネスグループ(共同研究施設)  氏名:水谷 陽一
  研究期間: 2019年7月9日~2022年3月31日
  研究目的と意義: 病理診断を補助するAIを実際の臨床での使用するために解決するための、問題点を抽出する研究の一つです。現在、技術進歩にともないAIを活用した病理診断を補助するシステムの研究が数多く行われています。しかしながら、技術の課題と臨床での課題が必ずしも一致しておらず、早急な課題整理と解決が望まれています。本研究では、病理診断補助AIを臨床に応用するために、まず根本的な課題を抽出することに挑戦します。本研究であぶりだされた問題点を、今後解決するための新たな研究計画を作ることで、今後AIによる病理画像診断の補助システムが正確になり実際の臨床での使用を行える可能性に繋がります。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2013年1月1日~2018年12月31日の間に長崎大学病院病理診断科にて以下の疾患として確定診断された患者さんを対象とします。
「肝胆膵」、「血液」、「呼吸器・胸部」、「頭頸部領域」、「消化管」、「骨・軟部」、「乳腺」、「泌尿器」、「皮膚」、「婦人科」、「脳腫瘍」疾患。
●利用する情報/試料
すでに保存されている病理組織診断(生検検体・手術検体)の病理組織デジタル画像(WSI) 病理診断情報、病理デジタル画像(氏名欄が削除されたデジタル化画像)に加え、日常の診療で得られる各種の臨床情報(性別、年齢、採取部位、臨床診断)を対象といたします。
●研究方法
大まかにつけたアノテーション付き病理画像と詳細にアノテーション付き病理画像により学習されたAI装置が出した答えを、病理医が判断した正解とそれぞれ比較します。AIの出した答えと、病理医が判断した正解がどの程度一致しているかを検討することで、いずれのアノテーションがよりAIの学習に適しているかを研究します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:黒田 揮志夫(医師)  長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 間質性肺炎の診断における経気管支的氷結肺生検
(transbronchial lung cryobiopsy)の有用性に関する検討
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: 独立行政法人国立病院機構東京病院臨床検査センター
(代表施設) 部長 蛇澤 晶
日本医科大学解析病理学教室 准教授 寺崎 泰弘
近畿大学医学部病理学講座 助教 田中 伴典
横浜市立大学医学部病態病理学教室 准教授 奥寺 康司
九州大学大学院医学研究院形態機能病理学 医員 橋迫 美貴子
関西医科大学臨床病理学講座 助教 石田 佳央理
神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科 部長・副院長 小倉 高志
はるひ呼吸器病院 院長 斎藤 雄二
日本赤十字社医療センター病理診断科 顧問 武村 民子
  研究期間: 2019年6月18日~2021年3月31日
  研究目的と意義:  現在,間質性肺炎の診断には臨床・放射線・病理の医師が合議して行われているが,病理検体は経気管支肺生検による小さな検体では不充分であり,外科的肺生検による大きな検体が必要とされています。ただ,外科的肺生検は患者さんの身体的負担が大きいことが問題視されていました。近年,これまでの経気管支生検よりも大きな検体を得られる経気管支氷結肺生検が開発され,この検体を使用した臨床・放射線・病理の合議により間質性肺炎の診断が可能であるとの報告がなされるようになってきました。
 今回の研究の目的は,経気管支氷結肺生検および外科的肺生検の両検査が行われた患者さんの標本を集積し,経気管支氷結肺生検の標本が外科的肺生検で得られた標本に匹敵するほどの所見・診断が得られるか否かを検討することです。具体的には,多数の病理医で各標本の病理診断を行い,同一症例の経気管支氷結肺生検標本・外科的肺生検標本間の診断一致率,経気管支氷結肺生検標本に対する病理医間の診断一致率,外科的肺生検標本に対する病理医間の診断一致率を調べます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
神奈川県立循環器呼吸器病センターおよびはるひ呼吸器病院で、2012年1月1日より2018年12月31日の間に間質性肺炎と診断され、経気管支氷結肺生検と外科的肺生検の両検査が行われた患者さん <本研究では、長崎大学病院を受診された患者さんの情報は用いません>
●利用する情報/試料
病理標本:経気管支氷結肺生検および外科的肺生検標本
カルテ情報:臨床診断名、年齢、性別
●研究方法
上記の情報/資料を用いて、同一症例の経気管支氷結肺生検標本・外科的肺生検標本間の診断一致率,経気管支氷結肺生検標本に対する病理医間の診断一致率,外科的肺生検標本に対する病理医間の診断一致率を調べます。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:福岡 順也(医師)  長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Pleuroparenchymal fibroelastsosisおよび
Idiopathic pulmonary fibrosisにおける肺胞上皮剥離の検討
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: 代表施設:長崎大学病院
福岡大学病院 呼吸器内科 助教 木下 義晃
公立陶生病院 呼吸器・アレルギー疾患内科 副院長 近藤 康博
済生会熊本病院 呼吸器科 部長 一門 和哉
国立長寿医療研究センター 呼吸器内科 部長 西村 浩一
久留米大学医学部内科学講座呼吸器・神経・膠原病内科部門
講師 岡元 昌樹
大分大学医学部 呼吸器・感染症内科学講座 助教 山末 まり
沖縄県立中部病院 呼吸器内科 部長 喜舎場 朝雄
はるひ呼吸器病院 呼吸器内科 部長 小橋 保夫
大垣市民病院 呼吸器内科 部長 安藤 守秀
豊田厚生病院 呼吸器内科 医長 高嶋 浩司
熊本大学医学部付属病院 呼吸器内科 医師 御任 玲美
  研究期間: 2019年6月18日~2021年3月31日
  研究目的と意義: Pleuroparenchymal fibroelastosis(PPFE)は、まれな間質性肺疾患として国際ガイドラインに記載されています。病理組織学的には特徴的な所見を示しますが、そのような変化を呈する理由につきましては未だ不明です。私たちは過去の症例から上皮剥離がその原因である可能性を報告しており、今回の研究ではPPFE症例における上皮剥離の程度を、特発性肺線維症の症例、control症例と比較して検討します。本研究を行う事で、現時点では判明していないPPFEの病因解明につながり、PPFEに対する治療戦略の確立や治療薬の開発に寄与する可能性があります。
  研究内容: ●対象となる患者さん
<PPFE群>
① 2013年1月1日~2019年3月31日の間に、長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 病理学病理診断科に、他施設から外科的肺生検検体のコンサルテーションが行われ、Pleuroparenchymal fibroelastosisと診断された患者さん
② 2013年1月1日~2019年3月31日の間に、福岡大学病院で外科的肺生検もしくは剖検にてPleuroparenchymal fibroelastosisと診断された患者さん
<UIP群>
③ 2016年1月1日~2019年3月31日の間に、長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 病理学病理診断科に、他施設から外科的肺生検検体のコンサルテーションが行われ、病理組織学的にUIP pattern(特発性肺線維症の病理組織所見)と診断された患者さん
<control群>
④ 2016年1月1日~2019年3月31日の間に、長崎大学病院で転移性肺腫瘍のため肺切除術が実施された患者さん
●利用する情報/試料
診断名、年齢、性別、喫煙歴、血液検査、肺機能検査、病理組織検体
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
PPFE群、UIP群、Control群における、胸膜下部と小葉間隔壁部、およびその合算での上皮剥離の割合を評価します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:財前 圭晃(医師)  長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 悪性胸膜中皮腫における生検検体と手術検体での組織学的特徴の検討
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2019年6月18日~2019年12月31日
  研究目的と意義: 悪性胸膜中皮腫は胸膜に発生するまれな悪性腫瘍です。悪性胸膜中皮腫は病理組織像により上皮型中皮腫、二相型中皮腫、肉腫型中皮腫に分類され、組織型により治療方針や予後が異なります。一般に組織型の診断は全身麻酔胸腔鏡下胸膜生検もしくはCTガイド下針生検が行われますが、生検による組織診断までは困難とする過去の報告もあります。本研究では長崎大学病院で過去に生検と外科療法(手術)の双方が実施された症例を集積して、その組織診断の一致を確認し、生検検体に基づく治療方針決定が妥当といえるかを検討します。
  研究内容: ●対象となる患者さん
悪性胸膜中皮腫の患者さんで、2004年1月1日から、2017年12月31日の間に診断され、その後手術を受けた方を対象とします。
●利用する情報/試料
診断名、年齢、性別、粉塵曝露歴、病理組織検体
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
生検検体と手術検体おける悪性胸膜中皮腫組織型の割合を評価します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:財前 圭晃(医師)  長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Artificial Intelligenceによる病理診断補助の
診断ワークフロー導入に関する研究
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2019年3月12日~2019年9月30日
  研究目的と意義: 本研究は、Artificial Intelligence(以下、AI)を病理診断のスクリーニングとして診断ワークフロー内に入れることにより、病理診断にどのような影響が生じるのかということを評価することを目的とします。
また、本研究で導入されるワークフローは、医療用AIと医療者の関係の最新のモデルケースと考えることができます。それを踏まえれば、AIが実際の診断に与える影響の可視化とAIと人間の関係のモデルケースの提示という二点が本研究の意義となります。
  研究内容: ●対象となる患者さん
以下の基準をすべて満たす患者さんを対象とします。
① 2013年1月1日~2018年9月30日の間に長崎大学病院病理診断科にて以下の疾患として確定診断された患者さん。
② 2019年2月1日〜2019年6月30日の間に長崎大学病院病理診断科にて以下の疾患であると推測されている患者さん。
〈対象となる臓器と疾患名〉
食道、胃、大腸、直腸、肺、乳腺の良性腫瘍、悪性腫瘍。
(具体的な疾患名に関しては、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。)
●利用する情報/試料
年齢、性別、臨床診断名、病理組織標本
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法 
 本研究では、診断ワークフロー(診断を行うための流れ)の一部にAI機能を持つソフトウェアを入れることで、それらが与える影響を観察、検討します。
1. 診断ワークフローについて
診断ワークフローは以下の段階を持ちます。
a) 病理組織をデジタル画像化するためにデジタルスキャナーによる取り込みを行います。
b) AIソフトへデジタル病理画像を取り込み、それらの解析を行います。
c) 若手病理医が、AIを用いず病理診断を行います(ドラフト診断)。
d) bのAIによる解析結果とcのドラフト診断を元に、病理専門医とともにサインアウトセッション(確定診断のための討論)を行います。
e) サインアウトセッション内で、AIによる解析結果の修正を行います。また、ドラフト診断は正しい診断に修正されます。
f) サインアウトセッション後に、AI学習のためのアノテーション(教師付きデータの作成)を行い、そのアノテーション付き画像を用いてAIソフトの再トレーニングを行い、AIソフトウェアの機能を強化します。
2. 影響の評価について
影響の評価は、以下の項目に則して実施されるものとします。
a) 診断の正確性:AIを使わなかった際の診断との比較を行います。あるいは、他の病理専門医との検討の結果との比較を行います。
b) 時間効率:診断ワークフローにおいて、一例にかかる時間 、もしくは特定の期間(数日、数時間)で何症例診断できたかを評価します。
c) 診断方法:弱拡大と強拡大の使い分けの変化や、診断の際に注目する病理画像の特徴の変化を観察します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:黒田 揮志夫(医師)  長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Artificial intelligence(AI)を用いた
肺癌リンパ節転移の検出有用性を検証する研究
  所属(診療科等): 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: 長崎大学病院(代表施設)   氏名:福岡 順也
本研究の共同研究機関をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
  研究期間: 2019年2月19日~2022年3月31日
  研究目的と意義: 本研究は、悪性腫瘍の病理診断におけるAIの補助ツールとしての可能性の検討を目的とします。
病理診断における補助ツールとして病理医が利用することで、病理医が診断を行うのに要する時間や診断正答率を検討します。時間の短縮や正答率の向上を明らかとすることで、AIの補助ツールとしての有効性や有用性を示します。これらを達成することで、より迅速で正確な診断を行うことができるようになります。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2013年1月1日~2018年9月30日の間に長崎大学病院病理診断科にて以下の疾患として確定診断された患者さんを対象とします。
「肝胆膵」、「血液」、「呼吸器・胸部」、「頭頸部領域」、「消化管」、「骨・軟部」、「乳腺」、「泌尿器」、「皮膚」、「婦人科」疾患。
●利用する情報/試料
すでに保存されている「病理組織診断(生検検体・手術検体)の病理組織デジタル画像(WSI) 病理診断情報、病理デジタル画像(氏名欄が削除されたデジタル化画像)に加え、日常の診療で得られる各種の臨床情報(性別、年齢、疾患名、各種検査データ(内視鏡、放射線画像データや所見を含む)、各種臨床評価指標)を対象といたします。
●研究方法
手術や生検の際に、リンパ節の摘出や郭清を行われた症例を抽出し、その症例をWSI化(画像をスキャンしイメージ化)いたします。病理専門医で専門領域を有する病理医(指導医)が診断したものを正解として、一般の病理が単独で診断したものと、AIによる病変の抽出を参考にして一般の病理医が診断をしたものとで、後者において診断時間の短縮や正答率が向上するかどうかを検討します。AIによる補助が診断を行うために有用化かどうかの検証を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:黒田 揮志夫(医師)  長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 腫瘍細胞cell countにおける病理診断補助ツールとしての
Artificial Intelligenceの有用性を検証する多施設共同研究
  所属(診療科等): 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
(代表施設) 福岡 順也
神戸大学医学部付属病院 病理部病理診断科 主任教授 伊藤 智雄
聖マリアンナ医科大学 病理学講座 准教授 前田 一郎
桑名東医療センター 病理診断科 部長 白石 泰三
国際医療福祉大学三田病院 病理診断学・遠隔病理診断 教授 森 一郎
日本医科大学武蔵小杉病院 病理診断科 准教授(部長) 大橋 隆治
亀田総合病院/亀田京橋クリニック 病理診断科 部長 桝沢 容子
亀田総合病院 病理診断科 アンドレイ ビチコフ
兵庫県立淡路医療センター 病理診断科 部長 加島 志郎
清州呼吸器疾患研究会 はるひ呼吸器病院 内科 小橋 保夫
  研究期間: 2019年2月19日~2019年12月31日
  研究目的と意義:  近年Artificial Intelligence(人工知能、以下AI)を用いた画像解析技術は優れた性能を示し、日常生活のみならず医療においても高い水準に達しつつあることが報告されています。本研究は、これまで研究されてきたAIの病理診断における有用性を検証するものです。肺癌を対象としてAIによる癌細胞の含有割合の算出を通して、AIを実際の臨床ワークフローへ導入することを目標としています。これからの病理診断における医療用AIを如何に病理診断の現場で活用するのかという実用的観点に基づいて、そのモデルケースを作る試みです。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2013年1月1日~2018年12月31日の間に、各共同研究機関で肺腺癌と病理組織診断において確定された方を対象とします。
●利用する試料
病理組織標本
本研究で利用する試料について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
各共同研究機関よりそれぞれ10例の肺腺癌と診断された方の病理組織標本を、デジタルスライド化したうえで長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学病理診断科で契約するクラウドシステム上に、匿名化された状態でアップロードします。それらの症例を、共同研究施設の病理医による腫瘍細胞含有率の診断、長崎大学で保有するAIを用いて解析を行ったデータを用いた診断を行い、診断の精度向上につながるかを検証します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:財前 圭晃(医師)
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 間質性肺疾患におけるArtificial Intelligence(AI)を用いた病理診断
および治療効果と予後の推定
  所属(診療科等): 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
(代表施設) 福岡 順也
浜松医科大学 内科学第二講座 主任教授 須田 隆文
公立陶生病院 呼吸器・アレルギー疾患内科 副院長 近藤 康博
  研究期間: 2019年1月22日~2020年12月31日
  研究目的と意義: 間質性肺疾患は、希少疾患で予後不良である特発性肺線維症をはじめ、数多くの疾患が含まれています。その診断は難しく、専門医をもってしても診断に苦慮しており、医師間での診断の不一致が問題となります。本研究では、Artificial Intelligence(AI)を用いて間質性肺疾患の病理組織像を解析し、間質性肺疾患のより精度の高い病理診断と、薬への反応性や予後が予測できるAIの構築を目標としています。この研究によって、間質性肺炎の病理診断がより迅速に、正確に、さらに現時点では困難な予後予測も可能となることが期待できます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
以下のいずれかの患者さんが対象となります。
① 特発性間質性肺炎の診断精度向上とエビデンス創出のためのクラウド型統合データベースとインタラクティブ診断システムの開発に関する研究班により構築されたデータベースに登録されている患者さん。
② 間質性肺疾患の患者さんで、2012年11月1日から、2018年11月30日の間に、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科に外科的肺生検のコンサルテーションがあった患者さん。
●利用する情報/試料
診断名、患者さんの背景(年齢、性別、喫煙歴など)、身体所見、検査結果(病理組織検査、血液検査、画像検査、肺機能検査、6分間歩行試験、気管支鏡検査)、病理組織標本
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
また、当該研究の対象になる思われる方で研究に試料・情報等を使用してほしくないと思われる方は各共同研究機関の主治医にお問い合わせください。
なお、特発性間質性肺炎の診断精度向上とエビデンス創出のためのクラウド型統合データベースとインタラクティブ診断システムの開発に関する研究班により構築されたデータベースに登録されている患者さんにつきましては、既に匿名化されているデータベースから情報を集積するため、個人は特定できなくなっています。このため、各個人からの試料・情報等を使用してほしくないという申し出には対応できませんので、ご了承ください。
●研究方法
コンサルテーションを頂いた各病院より上記の情報を頂き、AIの教育データとすることにより間質性肺疾患に対する病理診断AIを構築します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:財前 圭晃(医師)
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Whole slide imagingおよび画像解析ソフトウェアを用いた
病理組織検体における抗酸菌検出に関する研究
  所属(診療科等): 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2019年1月22日~2020年3月31日
  研究目的と意義:  結核の診断において、多くの場合は痰などを検査することにより診断されますが、それでも診断が確定できない場合や、肺以外に結核菌の感染がある場合は、生検検査が実施され病理診断が行われます。しかし、生検標本を検索する場合、結核菌が小さい事などから見落とされる可能性が考えられます。また、病理診断のデジタル化が進むにつれ、デジタルへの変換により見落としのリスクが増えることが懸念されます。
 本研究では、デジタル化スライドでの病理診断の再現性を評価するとともに、画像解析ソフトウェアを用いて診断精度の向上が得られるかを検証します。この研究により、結核菌の病理診断が迅速で正確に実施できるようになることが期待できます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
抗酸菌感染症(結核、非定型抗酸菌症)の患者さんで、2015年1月1日から、2018年9月30日の間に病理診断で診断された方を対象とします。
●利用する情報/試料
病理組織標本、病理組織診断報告書
●研究方法
上記の試料を用いて、デジタル化したスライドデータをもとに再度病理診断を行います。また、画像解析ソフトウェアを用いて診断の精度向上につながるかを検証します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:財前 圭晃(医師)
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 肺癌リンパ節転移の診断におけるdeep learningの有用性の検証
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2019年1月22日~2019年3月31日
  研究目的と意義: 本研究は、肺癌のリンパ節転移のスクリーニング診断において人工知能(AI)が有用であるかを検証することを目的としています。このスクリーニング診断が有用であるとすれば、病理医の負担が軽減されるとともに、本診断の精度が高まることが考えられるという点において、本研究は意義を持ちます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
長崎大学病院を受診された患者さんで2013年1月1日から2018年6月30日の間で、長崎大学病院病理診断科・病理部で癌のリンパ節転移と病理診断された方が対象となります。
●利用する情報/試料

年齢、性別、臨床診断名、病理組織標本

本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
本研究の行程は、以下の2段階に分かれます。
1. AIの作成及びトレーニング
 最初の段階では、リンパ節転移を識別するためのアルゴリズムをdeep learningの手法を採用して作成します。この段階では、デジタルスライド224枚(100枚が癌を含み、124枚が癌を含まない)をトレーニングセットとして用います。
2. 作成及びトレーニングされたAIのテスト
 テストには、103枚のデジタルスライドを用います。その内訳は、癌を含むものが47枚、含まないものが56枚です。それぞれのスライドに関して、AIによる癌の検出が真か偽かを評価します。さらに、偽陰性が存在するスライドにおいて、偽陰性となっている解析結果の大きさを記録し、偽陰性が現れるカットオフ値を求めます。このカットオフ値から、病理医による診断が必要な症例を絞ることができるかどうかを検討します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:二口 充(医師) ホア ファム(大学院生)
    長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 病理診断補助ツールとしてのArtificial Intelligenceの有用性の検証
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2018年11月20日~2019年3月31日
  研究目的と意義: 近年“Google Cloud Vision API”に代表されるArtificial Intelligence(人工知能、以下AI)を用いた画像解析技術は優れた性能を示し、実際の日常生活においても至る所で利用されています。さらに、実際にこのようなAIを、医療に応用しようとする試みが多数発表されており、その精度も高い水準に達しつつあることが報告されています。
本研究は、これまで研究されてきたAIの病理診断における有用性を検証するものです。本研究では、肺癌を対象に、その病理像をAIがどれだけ正確に識別できるのかを評価します。さらに、AIによる癌の識別に基づく癌細胞含有割合の算出を通して、AIを実際の臨床ワークフローへの導入する青写真を描くことを目的とします。
また本研究は、これまで研究が重ねられてきたAIを、実際に病理診断に導入する意義を見極める最初のステップとなります。それゆえ、本研究の意義は、これからの病理診断における医療用AIのモデルケースを描き出すことにあるものと言えます。「如何に病理診断の現場で活用するのか」という実用的観点に基づくものです。
  研究内容: ●対象となる患者さん
長崎大学病院を受診された患者さんで2013年1月1日から2017年9月30日の間で、長崎大学病院 病理診断科・病理部で肺癌と病理診断された方が対象となります。
●利用する情報/試料
年齢、性別、臨床診断名、病理組織標本
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
Indica Labs社製ソフトウェアHALO®を用いて、肺癌の癌細胞含有割合算出を行います。その際、肺癌細胞含有割合の算出過程は、以下の3つの段階に分けられます。第一段階では、HALO®の機械学習機能を用いて、癌細胞の領域を識別します。第二段階では、EGFR mutationを持つ症例に関して、HALO®に備わる画像分析アルゴリズムを用いてフラグメント全体の細胞数をカウントするとともに、識別された癌細胞領域に含まれる細胞数をカウントします。そこで得られた細胞数を基に、癌細胞含有割合の算出を行います。さらに、病理医の主観的な推定により偽陰性がどれほど生じているのかを検証するため、第三段階として、EGFR mutationを持つ症例の内、腫瘍細胞割合が10%程度となるようなフラグメントを対象に、HALO®による腫瘍細胞割合の算出を行います。
評価は、上記の3つの段階それぞれに関して以下のように実施します。第一段階では、HALO®の癌識別が適切かどうかを病理医による識別と比較することで評価します。第二段階では、HALO®の癌細胞含有割合の算出結果、病理医8人による癌細胞含有割合算出の結果、実際に手作業でカウントした数の3つを比較することで、HALO®の正確性の評価や、HALO®と病理医との比較などを行います。さらに第三段階では、対象となるフラグメントの内、病理医によって検査可能とされ、かつHALO®によっては検査不能となるフラグメントを、実際にEGFR mutation検査にかけます。この検査結果において陰性となる割合は、実際の診断で偽陰性が見逃されている割合に近似するものと言えるため、陰性が生じる割合を評価します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:黒田 揮志夫(医師) 小栗 智也(学生) 古川 智偉(学生)
    長崎大学病院 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Scarred Organizing Pneumonia (Cicatricial variant of cryptogenic organizing pneumonia) における臨床像の検討
  所属(診療科等): 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (主任教授)
  共同研究機関: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
(代表施設) 福岡 順也
公立陶生病院 呼吸器・アレルギー疾患内科 副院長 近藤 康博
大垣市民病院 呼吸器内科 医長 白木 晶
国立長寿医療研究センター 呼吸器内科 部長 西村 浩一
済生会福岡総合病院 呼吸器内科 部長 綿屋 洋
  研究期間: 2018年10月16日~2019年9月30日
  研究目的と意義: 特発性器質化肺炎は特発性間質性肺炎の一亜型で、多くはステロイド療法によく反応して治癒します。ですが、一部の症例では病理組織学的に器質化病変が瘢痕化して、肺が固くなる線維化が進行することがあります。これらの瘢痕化する器質化肺炎(Scarred OP)がどのような特徴を持つのか、現時点ではわかっていないません。このため、外科的肺生検の病理組織診断についてご相談いただいた症例を検討することで、瘢痕化する器質化肺炎の特徴を明らかにして、そのような患者様の治療効果や予後を予測することを目的としています。
  研究内容: ●対象となる患者さん
慢性線維性間質性肺炎および器質化肺炎の患者さんで、2016年1月1日から、2018年7月31日の間に、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科に外科的肺生検のコンサルテーションがあった方を対象とします。
●利用する情報/試料
診断名、患者さんの背景(年齢、性別、喫煙歴など)、身体所見、検査結果(病理組織検査、血液検査、画像検査、肺機能検査、6分間歩行試験、気管支鏡検査)
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
また、当該研究の対象になる思われる方で研究に試料・情報等を使用してほしくないと思われる方は各共同研究機関の主治医にお問い合わせください。
●研究方法
コンサルテーションを頂いた各病院より上記のカルテ情報を頂き、Scarred OPの有無と予後や予後に関連する因子についてデータ解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:財前 圭晃(医師)
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学 病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 組織標本の病理診断におけるフィルムスライドの有用性の検討
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理部/病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2018年2月20日~2028年12月31日
  研究目的と意義: 樹脂製のフィルムを用いた病理検査の有用性を検討します。
フィルム製のスライドで代用することにより、組織標本のより効率的な利用や、遺伝子検査などの特殊な病理検査での能率化が期待されます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2003年1月1日から2013年12月31日の間に、病理検査を受けた方を対象とします。
●利用する情報/試料
病理診断に用いられた組織検体
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
従来ガラス製のスライドで作製されてきた病理組織標本を、樹脂製のスライドに代用した場合でも診断に有用か、またガラス製での問題点を解決可能か検討します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:福岡 順也(医師)  長崎大学病院 病理部/病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7054
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 三次元イメージの再構築、及び特殊染色、免疫染色、
遺伝子検査を目的としたフィルムスライドの応用の検討
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理部/病理診断科
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2018年2月20日~2028年12月31日
  研究目的と意義: 樹脂製のフィルムを用いた病理検査の有用性を検討します。
フィルム製のスライドで代用することにより、組織標本のより効率的な利用や、遺伝子検査などの特殊な病理検査での能率化が期待されます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2003年1月1日から2013年12月31日の間に病理検査を受けた方を対象とします。
●利用する情報/試料
病理診断に用いられた組織検体
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
従来ガラス製のスライドで作製されてきた病理組織標本を樹脂製のスライドで代用し、病変の三次元的な分布の解析が可能か、また遺伝子検査などの特殊検査にも応用することが可能か検討します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:福岡 順也(医師)  長崎大学病院 病理部/病理診断科
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7054
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: AI(人工知能)による前立腺生検組織の病理診断の検討
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2017年11月21日~2019年3月31日
  研究目的と意義: 病理診断は、現在、光学顕微鏡を使用して行っています。近年のデジタル画像技術の進歩により病理診断用顕微鏡標本をデジタル画像化(Whole-Slide Imaging: WSI)して観察・研究することが出来るようになりました。 さらに国内外を通じてAI(人工知能)技術を使った研究が盛んに行われている現在、病理診断用デジタル画像からAI(人工知能)技術を使って病理診断を行う研究が行われています。日本では「臨床研究ICT基盤構築研究事業」として、EUではHorizon2020研究・革新プロジェクトの一つとしてそれぞれ国家規模で研究支援されています。 病理診断において光学顕微鏡、病理診断用デジタル画像、およびContextvision社(スウェーデン)が開発中のAI(人工知能)病理診断システムpDSTを使った病理診断について研究します。これから必要とされるAI(人工知能)による病理診断システムの開発に寄与する先進的な研究です。
  研究内容: ●対象となる患者さん
長崎大学病院の泌尿器科を受診された患者さんで2008年1月1日から2017年10月31日の間で、長崎大学病院 病理診断科・病理部で前立腺腫瘍と病理診断された方が対象となります。
●利用する情報/試料
年齢、性別、臨床診断名、病理組織標本
本研究で利用する情報について詳細をお知りになりたい場合は下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
●研究方法
病理診断について、①初めに光学顕微鏡を使って病理組織HE染色標本で診断を行い(スライドガラス病理診断)、②次に、スライドガラス病理診断を行った後2週間程(ウオッシュアウト期間)期間をおいてからWSIのデジタル画像を使った病理診断を行います。そして③AI(人工知能)病理診断システムpDST Contextvision社(スウェーデン)を用いてAI病理診断を行います。以上の①~③の病理診断結果についてスライドガラス病理診断、WSIとAI(人工知能)病理診断の比較検討を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:古里 文吾(医師)  長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Whole Slide Imaging(WSI)に特化した医療チームの育成研究
病理医および口腔病理医の育成
  所属(診療科等): 長崎大学大学院医歯薬総合研究科 医療科学専攻生命医科学講座病理学
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  共同研究機関: この研究は長崎大学病院のみで実施します。
  研究期間: 2017年8月22日~2019年3月31日
  研究目的と意義: WSIを用いた診断において、診断制度の向上や診断時間の短縮を目標としたトレーニングの受講が重要であることを検証します。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2012年1月1日~2016年12月31日の間に診断された口腔分野もしくは全身の組織診症例およびその標本スライド。
●利用する情報/試料
ガラススライド、WSIデータ
●研究方法
病理医および口腔病理医にマッチするトレーニングコースを作成し、コースを受講した場合、受講しない場合に比べて優位に診断精度の向上や診断時間の短縮を来すことを示します。この結果を受けて、WSIに基づいて診断を行うための資格審査の判断基準作成や、ガイドライン作成への基盤とします。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:黒田 揮志夫(医師)  長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)

利用する試料・情報は特定の個人を識別することが出来ないように加工した情報のため、過去の診療データや保管している試料を研究に使用してほしくないと申し出ていただいても個人を特定できないため対応できません。あらかじめご了承ください。研究に関するお問い合わせなどがある場合には上記の「お問い合わせ先」へご連絡ください。
  研究課題名: ハイスループットな組織アレイHigh-density Pile-up Array(HPA)の作製と、
HPAを用いた網羅的探索
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2017年6月20日~2028年3月31日
  研究目的と意義: 呼吸器系の腫瘍で病理診断のために作製された病理組織パラフィンブロック標本から、先ず初めに、同時に多くのデータ情報を得ることの出来る病理組織パラフィンブロック標本(組織アレイ (HPA))を作製します。
この作製された組織アレイ(HPA)を使った調査データと患者さんデータとの関連性を検討します。
更に、これからの個別化医療のための診断法開発や、新しい分子発現の探索を行います。
  研究内容: ●対象となる患者さん
長崎大学病院で2008年1月1日から、2016年12月31日の間に呼吸器系の腫瘍摘出術を受けた患者さんを対象とします。
●利用する情報/試料
情報として以下の①~②を使用いたします。
①病理組織検査情報(腫瘍組織型、深達度、リンパ管侵襲、血管侵襲、神経周囲侵襲、リンパ節転移、浸潤様式、組織学的病期分類、免疫組織化学染色、FISH)。
②患者さん情報(臨床診断、画像診断、年齢、性別、症状、既往歴、喫煙歴、家族歴、治療法、予後、臨床病期分類、Performance Status、臨床検査データ)・画像情報。
試料として病理組織パラフィンブロックを使用いたします。
●研究方法
当方が開発した組織アレイ(HPA)作製技術を用いて、呼吸器系腫瘍の病理組織パラフィンブロックから組織アレイ(HPA)を作製します。この組織アレイ(HPA)を用いて呼吸器系腫瘍に発現してくる様々な腫瘍に関係する分子について研究を行います。
このスクリーニングしたデータと病理組織検査情報・患者さん情報・画像情報を用いて調査・研究を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:二反田 隆夫(臨床検査技師) 長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 前立腺腫瘍診断における Whole-Slide Imaging と
Real-Time Imaging の比較による診断の正確性の評価
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2017年6月20日~2023年3月31日
  研究目的と意義:  病理診断は、現在、光学顕微鏡を使用して行っています。近年のデジタル画像技術の進歩により病理診断用顕微鏡標本をデジタル画像化(Whole-Slide Imaging: WSI)して観察・研究することが出来るようになりました。このデジタル画像で日常の病理診断を行う事については、アメリカFDAで認証(2017年)されています。本邦では平成27年度厚生省特別研究・福岡班研究でWSI病理一次診断での有効性が確認されています。 WSIが大きな装置でデジタル画像化するのに対して、Real-Time Imaging(RTI)は、現在保有する光学顕微鏡・パソコンが有れば顕微鏡観察と同時にデジタル画像化出来る便利なシステムで現在開発中です。病理一次診断においてWSIとRTIを比較することで有効性を確認する研究です。
  RTIのこれからの有用性の一つとしては、システムがコンパクトで日常の診断業務と同時並行のタイミングで使用出来る利便性と実用性が有ります。
  研究内容: ●対象となる患者さん
長崎大学病院の泌尿器科を受診された患者さんで2008年1月1日から2016年12月31日の間で、長崎大学病院 病理診断科・病理部で前立腺腫瘍と病理診断された方が対象となります。
●利用する情報/試料
年齢、性別、臨床診断名、病理組織標本
●研究方法
病理診断について、①初めに光学顕微鏡を使って病理組織HE染色標本で診断を行い(スライドガラス病理診断)、②次に、スライドガラス病理一次診断を行った後2週間程(ウオッシュアウト期間)期間をおいてからWSIとRTIのデジタル画像を使った病理診断を行います。病理診断結果についてスライドガラス病理診断とWSIとRTIの比較検討を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:古里 文吾(医師)  長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Whole Slide Imaging(WSI)に適した封入方法を検証するための研究
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2017年6月20日~2019年3月31日
  研究目的と意義: 病理標本作製においてWSI技術に適した封入方法を検証します。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2016年1月1日~2016年1月30日の間に提出された病理組織検体から作製された標本スライド。
●利用する情報/試料
ガラススライド、WSIデータ
●研究方法
病理検体より作製したガラススライドにガラス法とフィルム法で封入作業を行い、標本乾燥時間の比較と経時的変化の観察を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:橋迫 美貴子(医師)  長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7562
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: WSI(whole slide image)によるエキスパートダブルチェック
(コンサルテーション)の診断精度を比較する研究
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2017年5月16日~2019年3月31日
  研究目的と意義: 理医不足の環境下においても高い診断精度を担保するためにWSI(標本をスキャンしイメージ化するもの)による遠隔ダブルチェックや専門家へのコンサルテーションが有効であることを検証し、診断精度管理の方法を模索します。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2010年1月1日~2016年12月31日の間において長崎大学病院にて治療(検査)を受けた方の組織診症例およびその標本スライド。
●利用する情報/試料
すでに保存されている「病理組織診断(生検検体・手術検体)の病理組織デジタル画像(WSI) 病理診断情報、病理デジタル画像(氏名欄が削除されたデジタル化画像)に加え、日常の診療で得られる各種の臨床情報(性別、年齢、疾患名、各種検査データ(内視鏡、放射線画像データや所見を含む)、各種臨床評価指標)を対象といたします。
●研究方法
病理医が診断に苦慮するもしくは高い専門性が要求されると思われる症例を抽出し、その症例をWSI化(画像をスキャンしイメージ化)いたします。病理専門医で専門領域を有する病理医(指導医)にコンサルト診断を依頼し、オリジナル診断から変化する診断において、オリジナル診断とコンサルタント診断のいずれがより望ましい診断であるかを検証し、データの解析を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:福岡 順也(医師)  長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: Whole slide Imaging(WSI)一次診断に適した臓器を検証する為の研究
  所属(診療科等): 長崎大学生命科学域(医学系)大学院 医歯薬学総合研究科医療科学専攻病理学
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2017年5月16日~2018年12月31日
  研究目的と意義:  これまで病理診断は、光学顕微鏡で診断を行っていました。技術の進歩により病理標本をデジタル画像化(WSI)して観察・研究することが出来るようになりました。
  現在、WSI病理画像の病理一次診断は、ヨーロッパにおいてCEマーク認証(2014年)され日常診断が可能な状況です。本邦では平成27年度厚生省特別研究福岡班研究でWSI病理一次診断の有効性が確かめられています。本研究は、WSIを用いた一次診断の適応臓器を決定することを目的としています。本研究では、WSI病理一次診断の可能性と改善点を確認するための研究です。本邦でのWSI病理診断を行うための基礎研究になります。
  研究内容: ●対象となる患者さん
 長崎大学病院の腫瘍外科(呼吸器外科、乳腺内分泌外科)、泌尿器科、および皮膚科を受診された患者さんで2008年1月1日から、2016年12月31日の間で、長崎大学病院 病理診断科・病理部で病理診断された方が対象となります。
●利用する情報/試料
 年齢、性別、臨床診断名/ 病理組織標本
●研究方法
 病理診断を、①初めに病理組織HE染色標本で行い(スライドガラス一次診断)、②診断困難例については特殊染色・免疫染色を行い、診断を確定させます(スライドガラス最終診断)。
  次にWSIによる診断は、スライドガラス確定診断後2週間ほど(ウォッシュアウト期間)間を開けてから③HE染色WSI病理画像により診断を行い(WSI一次診断)、続いて④特殊染色・免疫染色WSI病理画像による確定診断(WSI確定診断)を行います。WSI確定診断後、ウォッシュアウト期間をへて⑤スライドガラスによる再診断を行います(スライドガラス再一次診断およびスライドガラス最終再診断)。病理診断結果についてスライドガラスを用いた結果とWSIを用いた結果について比較検討を行います。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:古里 文吾(医師)  長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: AI等の利活用を見据えた病理組織デジタル画像(P-WSI)の
収集基盤整備と病理支援システム開発
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2017年5月16日~2021年3月31日
  研究目的と意義: AIの利活用の一環として、病理組織デジタル画像(Pathology-Whole Slide Imaging :P-WSI)のビッグデータを全国の研究参加施設より収集・集約し、これを活用して、National Clinical Database(NCD)との共同作業のもと、病理診断精度管理ツール、病理診断支援ツールの開発を行います。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2014年1月1日から、2020年12月31日の間に長崎大学病院にて治療(検査)を受けた方。
●利用する情報/試料
すでに保存されている「病理組織診断(生検検体・手術検体)の病理組織デジタル画像(WSI) 病理診断情報、病理デジタル画像(氏名欄が削除されたデジタル化画像)に加え、日常の診療で得られる各種の臨床情報(性別、年齢、疾患名、各種検査データ(内視鏡、放射線画像データや所見を含む)、各種臨床評価指標)を対象といたします。
●研究方法
患者情報(性別,年齢,採取部位,内視鏡画像情報などの臨床データ,臨床診断,病理診断)と紐付けを行い、専用PCから専用サーバに登録いたします。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:福岡 順也(医師)  長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX 095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 肺癌における免疫療法関連蛋白の発現および体細胞変異の解析
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2016年7月26日~2025年3月31日
  研究目的と意義: 免疫療法のひとつである免疫チェックポイント阻害剤を用いた治療の、治療効果予測を助ける検査法を検討します。
  研究内容: ●対象となる患者さん
肺癌の患者さんで、1960年1月1日から、2016年5月31日の間に、肺癌の診断を受けた方
●利用する情報/試料
診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果(血液検査(血液ガス分析/赤血球数/白血球数/血小板数/CEA、SCC、CA19-9、NSE、シフラ、ProGRPなどの腫瘍マーカー/SP-A, SP-D, KL-6などの蛋白マーカー)、画像検査(胸部X線、胸部CT)、心電図検査、体細胞変異検査、病理組織学的検査)、入院・外来の別、身長、体重、合併症、喫煙歴、既往歴、現病歴、経過(予後)、治療歴(抗がん剤治療や放射線療法などの抗がん治療)
●研究方法
診断・治療時に手術によって摘出された腫瘍組織のうち、肺癌と診断された後の残余組織(保存組織)を用いて研究を行います。最新の癌分類の定義に基づいて病理組織評価を行った後、その残余組織から解析用の検体を採取し、特定のタンパク発現や体細胞変異の有無を測定します。得られた変異に関するデータとその他の調査項目等をデータベース化して解析します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:中村 さゆり(検査技師、細胞検査士) 長崎大学病院病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX:095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 間質性肺炎における間質性肺気腫と気胸/縦隔気腫の関連性について
  所属(診療科等): 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2016年7月26日~2020年3月31日
  研究目的と意義: 間質性肺気腫(Interstitial emphysema, IE) は肺組織において空気が近傍の間質組織を切り裂き嚢胞を形成するまれな所見です。IEは元々、人工呼吸器使用における二次的変化と考えられていました。しかし、IEは間質性肺炎(IP) においても時に観察されることが分かっています。IEをもつIP症例の、臨床病理学的意義、また、特徴は未だ不明です。しかし、経験的に気胸や縦隔気腫をともなう症例が多いと感じています。今回の研究では、IEに関して、特に気胸を中心とした臨床的病理学的意義、重要性について検討を行います。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2009年9月1日~2015年8月31日の間に、公立陶生病院呼吸器・アレルギー内科、九州大学病院呼吸器科、久留米大学病院呼吸器病センター呼吸器内科、沖縄県立中部病院呼吸器内科、済生会熊本病院呼吸器センター呼吸器内科に通院または入院し、間質性肺炎に対して外科的肺生検を受け、長崎大学大学院医歯薬総合研究科病理学教室へ診断コンサルテーションがあった患者さん。
●利用する情報/試料
年齢、性別、喫煙歴の有無、血液性化学検査(KL-6)、肺機能(DLCO、FVC、VC、FEV1%)、Multidisciplinary discussion diagnosis(MDD診断)、気胸・縦隔気腫 の有無、生命予後、画像情報(胸部X線、胸部CT)病理標本におけるIEの有無、IPの 組織型(病理診断)
●研究方法
本研究は患者さんの性別、年齢、喫煙の有無、経過における気胸の有無、生命予後に関するデータを収集し、IEあり群とIE無し群で比較します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:橋迫 美貴子(医師)   長崎大学病院病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055  FAX:095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 次世代シーケンサーによる癌組織の体細胞変異解析
  所属(診療科等): 長崎大学 生命医科学域
  研究責任者(職名): 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2016年5月23日~2021年3月31日
  研究目的と意義: 癌組織を用いて体細胞変異解析研究を行い、癌組織の分子プロファイルを行うことを目的とし、本研究は治療の効果予測や次世代の治療薬開発に寄与するものと考えています。
  研究内容: ●対象となる患者さん
1995年1月1日~2019年3月31日の間に長崎大学病院で外科的治療を受け、原発不明癌を含む、上皮系・間葉系の悪性腫瘍と診断された方
●利用する情報/試料
診断名、性別、生年月日、入院・外来の別、身長、体重、合併症、既往歴、現病歴、治療歴、経過(予後)
●研究方法
診断・治療時に手術によって摘出された腫瘍組織のうち、原発不明癌を含む上皮系・間葉系の悪性腫瘍と診断された後の残余組織(保存組織)を用いて研究を行います。最新の癌分類の定義に基づいて病理組織評価を行った後、その残余組織から解析用の検体を採取し、共同研究施設(近畿大学医学部ゲノム生物学教室)に送付して、体細胞変異の有無を測定します。得られた変異に関するデータとその他の調査項目等をデータベース化して解析します。
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:古里 文吾(医師)   長崎大学 生命医科学域
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7055(受付)  FAX:095(819)7056
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: 間質性肺炎合併肺癌における予後診断マーカーの探索
  所 属: 長崎大学病院 病理診断科・病理部
  研究責任者: 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 2014年10月15日~2019 年3月31日
  研究目的と意義: この研究では、間質性肺炎合併肺癌において、将来的に間質性肺炎が増悪する可能性を予測するマーカーを、スパイラルアレイ技法および免疫染色を用いて探索します。
間質性肺炎(Interstitial pneumonia; IP)の中でも、特発性間質性肺炎(Idiopathic pulmonary fibrosis; IPF)は肺癌を合併する頻度が高く、合併率は8.7~36%と報告されています。IP合併肺癌症例においては、手術、化学療法などの肺癌治療に伴い致死的なIPの急性増悪が生じることがあるために、治療法の選択に難渋します。また、IP合併肺癌の中には、その後にIPが進行する症例と、安定して特に治療を要しない症例が存在します。
肺癌治療に伴うIPの急性増悪および治療後の病状進行を予測するマーカーを探索することは、実臨床の現場でIP合併肺癌に対する最善の治療法の選択に寄与できる可能性が期待されます。
  研究内容: ●対象となる患者さん
2005年10月から2012年12 月までの間に、長崎大学病院腫瘍外科(第一外科)に通院または入院し、肺腫瘍に対して外科的治療(肺葉切除術、肺区域切除術、肺部分切除術、肺全摘術、気管支形成術)を受け、原発性肺癌(原発性肺癌由来の転移性肺癌を含む)と診断された方
●利用するカルテ情報
診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果(血液検査、画像検査、病理検査、気管支鏡検査、肺機能検査など)、家族歴、生活歴(喫煙、粉塵暴露など)、既往歴、治療後の経過など
  問い合わせ先: 【研究担当者】
 氏名:福岡 順也(医師)   長崎大学病院 病理診断科・病理部
 住所:長崎市坂本1丁目7番1号
 電話:095(819)7562  FAX:095(819)7564
【ご意見、苦情に関する相談窓口】(臨床研究・診療内容に関するものは除く)
 苦情相談窓口:医療安全課 095(819)7616
 受付時間:月~金 9:00~17:00(祝・祭日を除く)
  研究課題名: ヒト癌組織におけるGPC3ならびに関連タンパク質発現の免疫組織化学的解析
  所 属: 長崎大学病院 病理診断科
  研究責任者: 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 平成26年5月30日~平成26年12月31日
  研究目的と意義: 卵巣明細胞腺癌においてGPC3や関連するタンパク質の発現を検討、確認することより、卵巣癌における治療薬の検討を行うため。
  研究方法: ●対象となる患者さん
卵巣明細胞腺癌の患者さんで、昭和60年1月1日から、平成26年5月31日の間に、手術を受けた方
●利用するカルテ情報
年齢、性別、身体所見、検査結果(血液検査、画像検査など)
  問い合わせ先: 長崎大学病院 病理診断科    研究担当者 田畑 和宏
〒852-8501  長崎市坂本1丁目7番1号
TEL: 095(819)7562  FAX: 095(819)7564
  研究課題名: 胸部領域原発性神経内分泌腫瘍に対する新バイオマーカーの免疫組織化学的
検索
  所 属: 長崎大学病院 病理診断科
  研究責任者: 福岡 順也 (教授)
  研究期間: 平成26年3月1日~平成30年3月31日
  研究目的と意義: 胸部領域(肺および縦隔)原発性神経内分泌腫瘍を対象に免疫組織化学的検索を網羅的に行い、患者さんの治療反応性の予測を可能にする新たなバイオマーカーを見つけること。
  研究方法: ●対象となる患者さん
腫瘍切除の手術を受けた患者さんで、平成26年2月17日から、平成30年3月31日の間に病理組織検査を受けた方
●利用するカルテ情報
診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果(血液検査、画像検査、病理組織学的検査など)
  問い合わせ先: 長崎大学病院 病理診断科    研究担当者 田中伴典
〒852-8501  長崎市坂本1丁目7番1号
TEL: 095(819)7407  FAX: 095(819)7564