home[更新情報][後期研修医募集のページ]

1. プログラムの名称

長崎大学総合診療科後期研修プログラム ―家庭医コース−

2. プログラムの概要


本プログラムは、診療所から大学病院および都市部から離島まで患者および地域のニーズに対応できる専門医としての家庭医養成のためのプログラムであり、以下の特徴を備えている。

@「あなたの専門医」として患者中心の医療実践を学ぶ

A心と身体の両面からのハイレベルな症候診断能力の修得

B心のケアを含めた家族の問題へのアプローチ法を学ぶ

C予防および地域包括医療の実践を学ぶ

D離島・へき地でのプライマリ・ケア実践中心の家庭医経験

E医療実践の場で患者問題の探求法を学ぶ

F教員よりの指導だけでなく後輩に教え自分を磨く事の楽しさを学ぶ

G地域から国際的視野に立った家庭医を育てる

以上の研修修得を基本研修とし、研修期間の中で各個人に適したオーダーメード研修プログラムを作成する
 

3. 研修期間

(1)初期研修:    

(2)後期研修:   

4. 研修場所

(1)病院名:長崎大学病院、五島中央病院、国立病院機構長崎医療センター、長崎記念病院、富江病院

(2)診療所名:ともなが内科クリニック

5. プログラム内容


I.
全研修期間を通して、恒常的に行われているべき研修項目
 

(1)外来における患者中心のケア

年目・長崎大学病院など 

(2)近接的なケア(1次医療機関である必要がある)

3年目・ともなが内科クリニック、富江病院など

(3)継続的なケア

年目・長崎大学病院など

(4)包括的なケア

年目・五島中央病院、国立病院機構長崎医療センターなど

(5)保健や介護関連の活動

3年目・ともなが内科クリニック、富江病院など

(6)家族志向、地域志向のケア

3年目・ともなが内科クリニック、富江病院など

6. 必修研修項目

(1)診療所研修の有無(総合的な診療科、後期研修中に継続的に最低6ヶ月)

(2)内科研修の有無(後期研修中にブロックで最低6ヶ月;入院・外来研修)

   注)内科(臓器別内科でないこと)、総合(一般)内科、総合診療科で研修が行われる必要がある。

(3)小児科(後期研修中にブロックで最低3ヶ月;入院・外来研修)

  注)総合的に小児科領域が研修できる必要がある。 

 


 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻社会医療科学講座 総合診療学分野
 長崎大学医学部医学科臨床医学 総合診療学
 長崎大学病院 総合診療科

 

〒852-8501 長崎市坂本1丁目7番1号
  外来受付 TEL: (095)819-7544
  FAX: (095)819-7826
  医      局 TEL: (095)819-7591
      FAX: (095)819-7372
      医局分室 TEL: (095)819-7371
   

※FAXは(095)819-

7372のみになります。