長崎大学医学部・歯学部附属病院薬剤部

服用時間について

~くすりはきちんと指示された通りに飲みましょう~

くすりは、主治医によって「いついつ飲みなさい」というふうに指示されるものです。ではよく耳にする「食前」「食後」「食間」「頓服」って具体的にどういうふうにのむことか知っているでしょうか?また「食直前」「食直後」という指示もあります

食前、食後

一般的にくすりは食後に飲むことが多いですが、食前に飲む方が望ましいくすりもあります。

「食後」とは、食事が終わってすぐでもいいのですが、食事の20~30分以内が目安とされています。 「食前」とは、食事の20~30分前が目安とされています。

食間

食事のおよそ2時間後に服用するのが一般的です。「食間」というのは、食事中にというのではなく、食事と食事との間(例えば朝食と昼食の間)に服用するように、ということです。ほかの併用薬に影響を与える薬などは食間に服用するものもあります。

食直後

「食直後」というのは、食事を終えてすぐにくすりを飲むようにという指示です。だいたい食事を終えてから5分以内に飲みましょう。この指示がだされるくすりの中には、食事の影響をうけやすく、食事といっしょにとることによって血液のなかに入りやすいという性質をもっているものもあり、この指示を守らないでくすりを飲むと、くすりの効き目が悪くなる可能性があります。また極端に胃に負担をかけるくすりにもこの指示が出されます。くすりによっては、食事中でもかまわないものもあります。

食直前

この指示がだされるくすりは、意図的に食事の影響を受けるように設計されています。食事を始める5分前には飲みましょう。糖尿病のくすりなどでこの指示がだされているものなどは、直前に飲まないとくすりの効き目が発揮されず、血糖値が抑えられないことがありますので注意しましょう。くすりによっては、食事中でもかまわないものもあります。

頓服(とんぷく)

必要なときに服用します。しかし飲んだ直後に効き目があらわれるものは少なく、飲んで効かないからといってすぐに「もう1個」追加すると、大変危険な場合もあります。「飲んでからどれくらいで効き目があらわれるか」、「効かない場合はいくつまで飲んでいいのか」、「効かない場合はどれくらいたってから飲んでいいのか」など、医師または薬剤師にきちんと確認しておきましょう。
熱さまし、痛み止め、下剤、すいみん薬、発作をおさえるくすりなどで、「頓服」の指示がだされる事が多いようです。

Copyright(C) Nagasaki University All Rights Reserved