長崎大学医学部・歯学部附属病院薬剤部

正しい点眼の仕方

正しい点眼の仕方について順をおって説明します。

1.点眼するまえに、手そして指を石鹸などできれいに洗います。
2.目のまわりを清潔なガーゼやタオルでふきます。
3.目薬を準備します。濁っている目薬や、錠剤等を溶かしてから使う目薬はよく振ってから使ってください。
4.上を向いて、指で下まぶたを引いて1滴点眼します。1回の点眼は1~2滴で十分です。このとき、くすりの容器の先がまつげや目に直接ふれないように気をつけてください。
5.点眼したあとは、しばらくのあいだ目を閉じ、そっと目頭を押さえてください。(だいたい1分くらい)。こうすることによって、目薬の効き目がよくなり、副作用を防ぐことにもつながります。
6.あふれた目薬は、清潔なガーゼやティッシュでふきとってください。
使いおわったら、キャップをしっかりと閉めて、目薬の入ってた袋に戻しましょう。

注意

★めぐすりをさす順番はとくに気にする必要はありません。
(ただし、医師、薬剤師から指示されたときは、その順番でさすようにしてください。)
★2種類以上のめぐすりをさす場合は、できるだけ5分ほど時間をあけてください。

目薬の保存方法

目薬には雑菌が繁殖しないように防腐剤がはいっているものもありますが、それでも使い方や保存方法が悪いと、雑菌が繁殖してしまいます。目薬を清潔に使いつづけるためにも、その保存方法が重要になってきます。
目薬も、普通のくすりと同じでそれぞれで保存方法がきまっています。
・直射日光にあてずに、常温で保存
・冷蔵庫で保存する
・なるべく光にあてないようにする
・冷蔵庫で保存し、なるべく光にあてないようにする
などの保存方法があります。
それぞれのくすりごとの保存方法については薬剤師にたずねてください。

Copyright(C) Nagasaki University All Rights Reserved