本文へスキップ

長崎大学病院薬剤部

TEL095-819-7248

address〒852-8501 長崎県長崎市坂本1-7-1

業績Reserch achievement

2021年の業績

A 欧文
A-a 学術誌に掲載された原著論文
1.Hamada E, Kurosaki T, Hashizume J, Harasawa H, Nakagawa H, Nakamura T, Kodama Y, Sasaki H: Anionic Complex with Efficient Expression and Good Safety Profile for mRNA Delivery. Pharmaceutics 2021, 13(1), 126.
2.Kodama Y, Tokunaga A, Hashizume J, Nakagawa H, Harasawa H, Kurosaki T, Nakamura T, Nishida K, Nakashima M, Hashida M et al: Evaluation of transgene expression characteristics and DNA vaccination against melanoma metastasis of an intravenously injected ternary complex with biodegradable dendrigraft poly-L-lysine in mice. Drug Deliv 2021, 28(1):542-549.
3.Shido R, Sumita Y, Hara M, Iwatake M, Narahara S, Umebayashi M, Miura KI, Kodama Y, Asahina I: Gene-activated matrix harboring a miR20a-expressing plasmid promotes rat cranial bone augmentation. Regen Biomater 2021, 8(2) :rbaa060.
4.Hashizume J, Shiojiri K, Ryu E, Kawauchi Y, Hasegawa K, Ezaki N, Yamashita H, Ishii K, Harasawa H, Nakamura T et al: Analysis of Predictive Factors for Diarrhea after the Administration of Naldemedine. Biol Pharm Bull 2021, 44(8):1081-1087.
5.Kurosaki T, Katafuchi Y, Hashizume J, Harasawa H, Nakagawa H, Nakashima M, Nakamura T, Yamashita C, Sasaki H, Kodama Y: Induction of mucosal immunity by pulmonary administration of a cell-targeting nanoparticle. Drug Deliv 2021, 28(1):1585-1593.
6.Luo L, Yan C, Fuchi N, Kodama Y, Zhang X, Shinji G, Miura K, Sasaki H, Li TS: Mesenchymal stem cell-derived extracellular vesicles as probable triggers of radiation-induced heart disease. Stem Cell Res Ther 2021, 12(1):422.
7.Hara M, Sumita Y, Kodama Y, Iwatake M, Yamamoto H, Shido R, Narahara S, Ogaeri T, Sasaki H, Asahina I: Gene-Activated Matrix with Self-Assembly Anionic Nano-Device Containing Plasmid DNAs for Rat Cranial Bone Augmentation. Materials (Basel) 2021, 14(22).
8.Kurosaki T, Kanda H, Hashizume J, Sato K, Harasawa H, Nakamura T, Sasaki H, Kodama Y: Delivery of pDNA to the Lung by Lipopolyplexes Using N-Lauroylsarcosine and Effect on the Pulmonary Fibrosis. Pharmaceutics 2021, 13(11).
9.Tanaka T, Sano K, Munekane M, Yamasaki T, Sasaki H, Mukai T: A Radiolabeled Self-assembled Nanoparticle Probe for Diagnosis of Lung-Metastatic Melanoma. Biol Pharm Bull 2021, 44(3):410-415.

B 邦文
B-a 学術誌に掲載された原著論文
1.橋詰 淳哉、松本 恵、矢野 洋、大坪 竜太、福嶋 絢子、里 加代子、中川 博雄、原澤 仁美、中村 忠博、佐々木 均、永安 武、兒玉 幸修:パクリタキセルの用量調節により治療継続が可能となった重度肝障害を伴う同時性肝転移両側乳がんの一例、医療薬学、47(4): 217-224, 2021.
2.松永 典子、樋口 則英、里 加代子、渡辺 一章、井上 高彦、増田 淳士、吉村 彰剛、廣瀬 知子、兒玉 幸修、佐々木 均:経管投与患者・薬学的管理チェックシートおよび内服薬の経管投与時のマニュアルの病院薬剤師に対する認知度および有用性の評価、日本病院薬剤師会雑誌、57(5): 535-542, 2021.
3.大塚 早紀, 橋詰 淳哉, 成末 まさみ, 中世古 まなみ, 福田 里香, 矢野 未来, 杉本 悠花, 樋口 則英, 森本 仁, 上島 泰二, 江藤 りか, 中村 忠博: 長崎地区でのCKD啓発活動による病院・薬局薬剤師の意識変化. 日本病院薬剤師会雑誌. 57(9):967-973, 2021.
4.馬場 安里, 中川 博雄, 今村 政信, 赤松 隼人, 福重 友理, 田代 将人, 田中 健之, 兒玉 幸修, 室 高広, 泉川 公一, 佐々木 均: AST薬剤師のパス介入活動に対する診療科受諾率に及ぼすガイドラインの影響. 日本化学療法学会雑誌. 69(5):383-386, 2021.
5.中川 博雄, 橋詰 淳哉, 栗原 慎太郎, 後田 実知子, 室 高広, 佐々木 均, 兒玉 幸修: 入院患者からの不眠訴え時の対応フローの評価. 九州薬学会雑誌. 75:59-62, 2021.
6.松坂 章也, 橋詰 淳哉, 中川 博雄, 原澤 仁美, 中村 忠博, 小林 和真, 佐々木 均, 兒玉 幸修: ペグフィルグラスチム併用下でのドセタキセル/5-フルオロウラシル/シスプラチン療法における発熱性好中球減少症の実態調査. 九州薬学会雑誌. 75:63-67, 2021.

B-b 学術誌に掲載された総説
1.坂元 利彰、兒玉 幸修:シリーズ コロナ時代の実務実習 ①病院での対応、日本病院薬剤師会雑誌、57(4): 397-399, 2021.
2.兒玉 幸修:特集 ワクチンと感染対策 ②ワクチンの開発、日本病院薬剤師会雑誌、57(5): 502-504, 2021.
3.松永 典子:リハビリテーションと薬剤 リハビリテーションでよく遭遇する症状・症候と薬剤 パーキンソン症状、Journal of Clinical Rehabilitation, 30(12):1275-77, 2021.
4.黑﨑 友亮, 佐々木 均: 感染症ワクチン開発の現状と展望, 薬剤学:生命とくすり, 81(1)48-52, 2021.
5.橋詰 淳哉, 山口 健太郎:【最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する】エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート! 乳癌治療薬, 薬局, 72(1)175-180, 2021.
6.安藝 敬生, 若杉 和美:【Clinical Questionでマスターする集中治療での薬の使い方】[PADISのQ&A]CQ1 せん妄発症を予防、治療するために薬理学的介入はどのように進めたらよいか?, 薬局, 63(5) 839-840, 2021.
7.安藝 敬生, 若杉 和美:【Clinical Questionでマスターする集中治療での薬の使い方】[PADISのQ&A]CQ2 せん妄誘発を避けるためにベンゾジアゼピン系薬や抗ヒスタミン薬、抗コリン薬は中止・変更すべきか?, 薬局, 63(5) 841-842, 2021.
8.安藝 敬生, 若杉 和美:Clinical Questionでマスターする集中治療での薬の使い方】[PADISのQ&A]CQ3 プロポフォールの循環抑制にはどの薬剤で対応すべきか?, 薬局, 63(5)843-844, 2021.
9.安藝 敬生, 若杉 和美:【Clinical Questionでマスターする集中治療での薬の使い方】[PADISのQ&A]CQ4 アルコール多飲者の離脱症状予防はどのようにしたらよいか?, 薬局, 63(5)845-847, 2021.
10.安藝 敬生, 若杉 和美:【見逃すと怖い「抗コリン作用」に備える】抗コリン作用への患者フォローアップ 「立ちくらみする」「足がつる」 熱中症, 薬局, 72(10)3116-3121, 2021.
11.安藝 敬生:【薬理学】ケア移行における薬剤師によるmedication reconciliation シームレスなケア移行を実現するために, Intensivist, 13(2)366-371, 2021.

B-c 著書
1.高畠 英昭, 松永 典子:誤嚥性肺炎の包括的アプローチ : 診断・治療から, 栄養管理・呼吸リハ・嚥下リハ・口腔ケアまで 4. 誤嚥性肺炎の予防のための薬物療法, 75-81, 2021.




    

過去の業績Past reserch achievement  

2020年の業績

2019年の業績

2018年の業績

2017年の業績

2016年の業績

2015年の業績

2014年の業績

2013年の業績

2012年の業績

2011年の業績

2010年の業績

2009年の業績

2008年の業績

2007年の業績

2006年の業績

2005年の業績

2004年の業績

2003年の業績

2002年の業績

2001年の業績 

2000年の業績

1999年の業績

1998年の業績

     

Depertment of Hospital Pharmacy Nagasaki University Hospital長崎大学病院薬剤部

〒852-8501
長崎県長崎市坂本1-7-1
TEL 095-819-7248
FAX 095-819-7251