本文へスキップ

長崎大学病院薬剤部

TEL095-819-7248

address〒852-8501 長崎県長崎市坂本1-7-1

研修・教育についてon-the-job training

当院の職員教育の特徴

全国有数の教育プログラムを持つ長崎大学病院で、未来の薬剤師に必要な高度な学力と技術を身につけませんか。 日本では医療機関の機能分化が進むとともに、医療と介護を連携させた地域包括ケアが推進されています。また、多種多様な医療スタッフが各々高い専門性を前提に、的確な医療を患者に提供するチーム医療がすべての医療機関や地域医療で進められています。限られた医療資源のなかで、医療の質や安全性を高める職能として薬剤師への期待が集まっています。
薬剤師も個別化の時代です。基礎的スキルを身につけるとともに独自の専門性を武器にチーム医療に貢献する必要があります。当院では入職初期より、調剤、注射薬調剤、抗がん剤調製の研修プログラムにより、薬剤師の基本的スキルの習得が可能です。カルテや検査値を見ながらの症例検討会やフィジカルアセスメント研修も充実しています。さらに、感染制御、緩和ケア、NST、がん薬物治療、救急医療、HIV感染薬物治療、糖尿病などの専門・認定薬剤師の人数も多く、早期体験学習のプログラムや専門教育のプログラムが発達しています。
充実した教育プログラムを持つ長崎大学病院で、これからの医療で求められる薬剤師になりましょう。


もくじ


①新人教育

 ・年間スケジュール

 ・メンター・メンティー制度

②職員教育

 ・年間スケジュール

 ・アーリーエクスポージャー(早期体験学習)

 ・BLS講習(一次救命処置)

 ・薬局窓口、服薬指導で活用できる英会話教室

 ・職員技術研修

 ・薬物治療基礎講義

 ・職員定期研修会

 ・統計勉強会

 ・新薬説明会

 ・症例カンファ

 ・モーニングセミナー

 ・臨床研究

③今後の展望



①新人教育


・年間スケジュール

機器写真
画像をクリックで拡大

・メンター・メンティー制度

メンター・メンティー制度とは、直属の上司とは別に、指導・相談役となる先輩(メンター)が新人(メンティー)をサポートする制度のことです。 社会人1年目、もしくは新しい職場での1年目は、業務上の事や職場の人間関係などにおいて、「どうしたらよいのか?」と不安になることも多いかと思います。そんな時に、メンティーは、メンターに悩みや心配事等を気楽に相談することができます。メンターは、適切なアドバイスをくれるでしょうし、話を聞いてくれる先輩がいる、ということだけでも安心感が違うのではないでしょうか。


<仲良く昼食をとるメンター(左)とメンティー(右)>機器写真
 【メンティーの声】
○相談してもいい人がいるという安心感があります。
○長大出身者が多い中で、就職前にこのような制度があると知り、 知り合いもおらず不安も多かったですが、サポート体制を心強く感じました。

<ベストメンター賞の表彰>


月刊薬事に取材されました!月刊薬事2016年1月号



②職員教育


・年間スケジュール




画像をクリックで拡大

・アーリーエクスポージャー(早期体験学習)

専門領域の活動に興味があっても、なかなか日常業務では接する機会が少ない…そんな入局2年目の若手職員を対象に、体験型の実習を行っています。当院にはいろいろな資格を持った薬剤師がいます。専門領域への理解を深め、いち早く興味をもってもらえるよう、各領域の専門薬剤師を講師として実習を行っています。座学だけではなく、ロールプレイや症例検討、体験実習など、より実践に近い内容を目指しています 。

当院の取り組みを論文投稿しました(業績一覧)
機器写真











※NST:栄養サポートチーム

☆当院の専門薬剤師一覧


  【受講者の声】
○2年目という早い段階で複数の専門領域がどのようなことを行っているか知ることができ、また自分ではこういうときにどうするか、よく考える機会になりました。
○もともと興味のあった分野、なかった分野ともに活動内容を知り新しい考え方を学ぶことができ、自分の視野を広げる機会になりました。

・BLS講習(一次救命処置)

BLS(Basic Life Support)とは、患者さんが容体急変などで心肺停止状態に陥ってしまった時、医師や医療機器が揃うまでに行う応急対応のことです。薬剤師も病室をはじめ院内のいたるところで患者さんの急変に出会うことがあります。インストラクターの指導のもと、意識や呼吸の確認方法、緊急コールやAEDの取り寄せ手順、胸骨圧迫やAEDの適切な使用方法を実践的に学んでいます。

日本病院薬剤師会雑誌 49(2):143-147(2013)

機器写真機器写真
【医療教育開発センター:田下看護師の声】
機器写真 毎年、新人薬剤師また参加希望の薬剤師の皆さんと一緒にBLSについての講習会を行っております。病棟や外来で活動している薬剤師の方々が、突然の心肺停止患者に遭遇しても冷静に対応できるよう、今後もBLS講習会を継続し、知識やスキルの維持に努めてまいります。


・薬局窓口、服薬指導で活用できる英会話教室

国際観光都市、長崎。
一人で夜勤中に日本語の話せない患者さんが窓口に…ということも珍しくありません。
実際の英会話教室の講師をお招きし、服薬指導から道案内、業務の説明といった、自分たちのニーズに合う「実際に使える英会話」を薬剤部にいながらにして学ぶことができます。
機器写真
【受講者の声】
○日本語が話せない外国人の患者さんに接するときの気持ちの障壁が低くなった気がします。
○外国人の患者さんへの薬剤管理指導を自ら進んでするようになりました。
○業務以外の場でも、自分の大学病院特有の仕事内容を英語で説明できるようになり、コミュニケーションの幅が広がりました。

・職員技術研修

当薬剤部では入局後、半年間の払出し業務研修を修了し、時間外や休日の当番業務に入っていきます。
研修終了後も基本的な薬剤師技能を維持するためには、定期的な技術確認が必要であることから、理解度チェック表と参照資料を用いた自己点検を行っています。


・薬物治療基礎講義

若手の薬剤師が教える側に立って何かを伝えるということはなかなかありません。
薬物治療基礎講義は、若手薬剤師が新人薬剤師に対して行う講義です。若手薬剤師の発表練習を目的として行っています。若手薬剤師が、講義内容の決定からスライド作成、講義後のテストまで行い、中堅薬剤師がそのサポートをします。新人薬剤師にとっても、薬物治療の基礎を学べる機会になっています。

☆過去の講義内容一覧


・職員定期研修会



薬剤師として働く以上、医療者や一社会人として知っておくべきこと、学んでおくべきことは数多くあります。
当院薬剤部では、バラエティに富んだ内容について基本的なことからその中でも薬剤師に特に関連することに
焦点をあてた定期的な研修会を開催しています。
(過去の開催テーマ例:災害医療、栄養関連(病院食など)、ハラスメント、接遇、禁煙外来、など)

・統計勉強会

研究活動の中で、避けては通れないのが統計処理です。
そこで、統計勉強会では、統計学の基礎知識講義から、統計処理ソフトを利用した実践講義まで、薬剤部内で実施に使用する統計処理を中心に、統計学の専門家を講師にお迎えし、学んでいきます。


・新薬説明会

機器写真

薬事審議委員会において採用が決定した医薬品に関して、薬剤部職員に対する「新薬説明会」を開催しています。新薬説明会では製薬会社の開発担当者に臨床試験の結果や製剤上の特徴、注意すべき副作用や取り扱い上の注意点など詳細に解説していただき、それに対して薬剤部職員から積極的な質問が行われています。


・症例カンファ

機器写真機器写真

薬剤部では、毎月1回、薬剤管理指導を行った退院患者の指導・介入内容とそのポイントをまとめた症例報告、および指導中の患者について指導上の疑問点について、薬剤部全体で今後の指導方法や薬学的管理のポイントについて、意見を出し合う症例カンファレンスを実施しています。疑問に対しては、感染、がん、緩和、NST、HIV、糖尿病など様々な専門・認定薬剤師から専門的な意見が出され、高度な薬物治療管理の研鑽の場になっています。


・モーニングセミナー

新人セミナーは入職1年目から3年目までの薬剤師が参加対象です。指定された診療科に特有の処方を探し、その内容についてオブザーバーに相談しながら学習し、発表します。主に、処方内容を読み解く力を身につけることを目的としています。中堅セミナーは、入職4年目以降の薬剤師が、最新の情報を入手し、エビデンスに基づいたファーマシューティカルケアを行う力を身に付けるため、臨床試験の論文の読解・討議を行っています。


・臨床研究

機器写真



大学病院に勤務する我々には研究活動も求められます。
そのため当薬剤部では、研究経験豊富な職員が中心となり、若手職員の研究活動をサポートしています。
自分で導きだした研究成果が、学会発表や論文投稿を通じて、医療に貢献できることを体感できます。



③今後の展望



チーム医療に貢献するために、薬剤師には高度な臨床能力と高い専門性が求められています。さらに、臨床におけるクリニカルクエスチョンを解決し、新しいエビデンスを創出できるpharmacist-scientistとしての役割も期待されています。長崎大学病院では、充実した教育プログラムのもと、臨床マインドと研究マインドがバランスよく共存した先進的薬剤師の育成を推進しています。
長崎大学病院 副薬剤部長・准教授 兒玉幸修


Depertment of Hospital Pharmacy Nagasaki University Hospital長崎大学病院薬剤部

〒852-8501
長崎県長崎市坂本1-7-1
TEL 095-819-7248
FAX 095-819-7251