ホーム > 医療教育開発センターとは > スタッフ紹介

医療教育開発センターとは

スタッフ紹介

センター長 浜田 久之
副センター長 小出 優史
アドバイザー
(先端医育支援センター 教授)
安武 亨
医科卒後研修部門 部門長 宮本 俊之
後期臨床研修(医師育成キャリア支援室)室長 小畑 陽子
後期臨床研修(医師育成キャリア支援室)副室長 松島 加代子
助教(指導医) 渡邊 毅
古賀 智裕
梅田 雅孝
歯科教育研修部門 部門長 角 忠輝
副部門長 久保 至誠
看護研修部門 部門長 宮﨑 智子
薬剤研修部門 部門長 北原 隆志
コメディカル等研修部門 部門長 (副医療技術部長、臨床検査技師長) 南 惣一郎
救急医療教育室 部門長 長谷 敦子
事 務 林田 正昭
木附 信慶
野口 知樹
稲田 文香
森 美紀子
松本 美波
馬場 絵里佳
花井 寿々子
大平 真弓
林田 昌子

スタッフからのメッセージ

浜田 久之

職名:
センター長・教授
資格:
博士(医学)、博士(教育)、厚生労働省認定臨床研修指導医、内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本内視鏡学会専門医、産業医、インフェクションクションコントロールドクター、トロント大学Clinical teacher及びトロント大学医学部地域家庭学アカデミックフォローコース修了
メッセージ:
自分の将来の'キャリア'を考えたことはありますか?先のことなんて、わからないですよね。でも、せっかくですから考えてみましょう!
まず、辞書で'Career'という単語を引いてみました。
【経歴、履歴。生活手段としての(特に専門的な)職業。その職業での成功や出世の意味。発展するという意味。At full career 全速力で!動詞では、疾走する、突進する。】なるほど、面白いですね。 'キャリア'という言葉は、なかなか日本語では表現がしにくい言葉のようです。もしかしたら、日本語には(日本人には?)そういう概念があまりないのかもしれません。
昔は職人だったら、弟子入りして親方のやることを見様見まねで仕事をして、黙って親方の背中をみて育ってゆく。サラリーマンだったら、部署に配属されてそこの文化にどっぷり染まって上司の言われたとおりに仕事をやってゆく・・・。 あまり、将来を考えないシステムだったのかもしれません。そういう仕事のやり方や職業感は、日本の成長の原動力だったはずです。右肩上がりの経済で、終身雇用制度がしっかりした時代なら、それはそれで素晴らしいシステムと思います。
しかし、今は、激動の社会です。確固なシステムや未来永劫安定したシステムなど存在しないかもしれません。自由な社会であるかもしれませんが、自分で判断し自分で責任をとらなければならない社会となってきているような気がします。
さて、このような時代に医師としてのキャリアをどう積み上げてゆくか、それはとても難しい問題かもしれません。そして、答えは、各々違ったものとなるでしょう。でも、やはり人の意見や考えを聞くことは重要なことだと思います。 そして、相談することはさらに大切なことだと思います。相談することにより様々なヒントや考え方があることに気づくでしょう。そして、あなた自身が、自分が考えていることに気づくかもしれません。よくあるでしょう、友達と話している時、"あっ、自分って、こう思っていたんだ"という瞬間が。 気軽に相談しに、遊びに来てください。様々なキャリアを積んだスタッフと楽しく話せると思います。
私たちは、"キャリア"は、ひとりで作れるものでなく、様々な人の出会いとその方々からの助けにより形作られていくものだと信じています。そして、そこに生まれるのは、人生の喜びであり感謝であろうと願っています。あなたの素敵なキャリアのスタートを私たちがサポートできれば幸せです。そして、あなただけでなく、周りの人も幸せになるようなキャリアを積んでもらったら・・・最高です!
主なエッセーや教育関連論文
2017年 鳥越絹代、貞方三枝子、中村裕子、浜田久之、妹川美智、宮原眞千世、大山祐介、宮崎智子
実地指導者・教育担当者研修における新人看護師を模したロールプレイの導入 第1報
日本医療マネジメント学会雑誌 17(suppl): 369 -369 2016
ぐびろが丘新聞第22号(平成29年9月27日発行)
1ページ「好評!!医学部5年生が、薬剤師の先生へ教えています~教えながら学ぶ~」
連載小説「坂の途中」
日医ニュース第1343号(平成29年8月20日発行)
8ページ『勤務医のひろば』
確実に身体診察『外来必携2』Kindle版
浜田 久之、 長谷 敦子 共著
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラ(99円)。
2016年 2016年医科初期研修マッチング報告
~県過去最高118名。長崎大学は全国1027病院中6位、奇跡の「フルマッチ」達成~
(長崎県医師会報 平成29年1、第852号)
連載小説『ハッピー♡マッチ』
電子書籍でも購入できます。 購入方法はコチラから。
『思案橋に夜9時でよかですか?』
(日経メディカルにて連載)
研修好調のゲンインはゲイイン?
復活のからあげを頬張りながら
マッチングは水商売(その3)アンマッチこそ化けるかも?
マッチングは水商売(その2)先生、こっち側になっちゃいますよ
マッチングは水商売
崎長ライト、フィリピンを行く(その6)素人目線が衝撃的でした
崎長ライト、フィリピンを行く(その5)嘘だろ~! 日本人は遠慮するもんだぜ~
崎長ライト、フィリピンを行く(その4)シスターの店に夜9時でよかですか?
崎長ライト、フィリピンを行く(その3)このスラムに研修医を立たせたい
崎長ライト、フィリピンを行く(その2)100パー、死・に・ま・す
崎長ライト、フィリピンを行く(その1)
「大丈夫、来年の今頃は笑って後期研修している…はず」
「また「新」制度かよ~、って感じですよ」
2015年 『研修医のための外来必携』Kindle版
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラ(99円)。
『崎長ライト、熊本へ』
(日経メディカルにて連載) 『日経メディカル』平成28年1月~8月の記事ランクング1位
(その1)帰還したDMAT第1陣、「歓迎」に心震えた
(その2)指令、ノロキットを受け取り阿蘇へ
(その3)思わず口に出た“やばい”提案
(その4)待ち焦がれた頼もしいリーダーが到着
『医師の指導力向上本 研修医/専攻医を集めるために指導力を向上させよう』
(電子書籍出版工房)
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラ(無料)とコチラ(99円)。
『夢のある新しい専門医制度に』
(ドクターズマガジン1月号Doctor's Opinionより)
「若人が集う病院作りの試み」(月間新医療 1月号より)
連載小説「フルマッチ」
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラから。
2014年 医師臨床研修到達目標達成における外来研修プログラムの効果
長崎県における研修医獲得と育成について~教育マインドの熱い長崎で研修医を育てる~
「患者さんの問題点を見極めよう! ~Gから始まるABC!~」
(本当に知りたかった日常診療のコツ
 医療面接・診察・検査のあれこれを教えます
 レジデントノート別冊 ズバリ! 日常診療の基本講座1 )
2013年 「カナダの家庭医療」
(月刊カレントテラピー vol.32  総合診療―その歴史と現在、未来―(2014年2月)より)
2012年 医学教育理論を応用した戦略により、大学病院の経営と教育の改善を両立する試み
長崎大学病院 東日本大震災医療支援活動報告集「絆」
DOCTOR’S MAGAZINE 9月号
kokutai 2012.8月号
kokutai 2012.7月号
kokutai 2012.6月号-2
kokutai 2012.5月号
kokutai 2012.2-3月号
kokutai 2012.1月号
薬剤師のフィジカルアセスメント教育とその実践(PharmaScope 2012.1月号)
病棟業務の質を上げるフィジカルアセスメント(月刊薬事 2012.1月号)
2011年 長崎県下における薬剤師のためのフィジカルアセスメント修得コースの構築とその評価
新任教授のご紹介(長崎大学病院広報 ポンペ9月号)
若人の集う長崎大学/長崎県を目指して(長崎医学同窓会広報誌「百朋」)
新・鳴滝塾始動!(県民だより)
中堅看護師のためのキャリア開発ワークショップの試み
2010年 カナダ・オンタリオ州における研修医の労働環境
客観的指導能力評価(OSTE)の実施と分析
2010 The Objective Structured Teaching Evaluation(OSTE)
医師会報vol008
医師確保対策(県民だよりvol.4)
2009年 教育理論を活用した一般病院での臨床研修システムの改善の試み
日本最西端から日本一の研修病院を目指す!~長崎医療センター、長崎大学での取り組み~
レジデントノート 6月号
すぐれた専門医を育成する日本トップクラスの大学病院を目指して(長崎医学同窓会広報誌「百朋」)
2008年 Mcgill 混合医療(International perspective on mixed health care Japan)
医師会留学体験記(カナダのプライマリケアと医学教育)
2007年 家庭医 Eric(Globally speaking A North American initiative to increase Japanese student interest in Family Medicine)
カナダにおける専門職間教育の新しい流れ
2006年 GIM 外来研修(Report on Ambulatory Teaching A Japanese look at the Canadian Educational System)
OME 研修医への対応(Adapting an Effective counseling Model from Patient-centered Care to Improve Motivation in Clinical Training Progurams)
カナダのプライマリケア ~カナダの家庭医学の歴史と現状分析~
2005年 自己決定的な学習と地域立脚型クリニカル・クラークシップ
カナダにおける卒後臨床研修プログラムの第三者評価について
2001年 総合診療科の機能 ~2 複雑な医療モデルへの対応~
カナダの医学生や研修医について記録したエッセーです!
Vol1 Vol2 Vol3 Vol4
Vol5 Vol6 Vol7 Vol8
Vol9 Vol10 英語版  

小出 優史

職名:
副センター長
資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、FACP、厚生労働省認定臨床研修指導医
メッセージ:
研修医・修練医が受ける初期研修は、医師の生涯教育の中でもとても大切な部分です。体験してみればわかりますが、長崎大学は優秀な人的資源や豊富な物的資源を備えています。それらを利用し充実した研修ができるかどうかは、研修医や修練医自身の取り組み方によります。自ら積極的に取り組むことで道は開かれ、結果として満足度の高い数年間を過ごすことができるでしょう。私たちは常にあなたの周りにいます。たまには厳しい指導にもなるかもしれませんが、これからの医療を担う「あなた」が大きく成長するのをお手伝いします。

安武 亨

職名:
アドバイザー(先端医育支援センター 教授)
資格:
医学博士、日本外科学会外科専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医・評議員、日本胃癌学会評議員、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本消化器病学会認定消化器病専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、厚生労働省認定臨床研修指導医
メッセージ:
アドバイザーを務めております。教育者としての視点は勿論のこと、医学生や研修医の視点に立ったアドバイスが出来ればと思っております。愛情と情熱を持って取り組んでいます。

宮本 俊之

職名:
医科卒後研修部門 部門長・講師
資格:
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会公認  スポーツドクター、厚生労働省認定臨床研修指導医
メッセージ:
医師にとって大事なのは知識・技術はもちろんのことですが、チームワークを大切にする気持ちです。このことはスポーツの世界でも医療の世界でも共通しています。医療は決して一人では行えません。チーム医療をリードできる医師を目指して日々知識・技術を習得するだけでなく人間としても成長してほしいと思います。

小畑 陽子

職名:
医師育成キャリア支援室室長・准教授
資格:
医学博士、日本内科学会総合内科専門医、日本透析医学会専門医、日本腎臓学会専門医、厚生労働省認定臨床研修指導医
メッセージ:
診断、検査、治療技術などは年々進歩していますが、まずは、実際、患者さんのもとへ多く足を運び、患者さんの訴えに耳を傾け、実際の診察を大事にして、そこからいろいろなことを学んでほしいと思います。また、ドクター、看護師をはじめとした医療スタッフと円滑なチーム医療を実践しながら、患者さんとの一期一会を大切にして、全人的な医療ができるような医者になってほしいと思います。
教育関連論文
2016年 長崎県初期研修マッチングの快挙を後期につなげる!
~新・専門医制度へ向けた長崎大学病院の取り組み~
(長崎医学同好会『朋百』vol.140)

松島 加代子

職名:
医師育成キャリア支援室 副室長・助教
資格:
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会九州支部評議員、厚生労働省認定臨床研修指導医
メッセージ:
私自身、当センターへ配属となり、他院と比較できる立場になってみてはじめて、長崎大学病院での研修医/若手医師の先生方の環境への配慮や変革に対する柔軟性を実感しています。働きやすい病院であることは、患者さんに対し、満足のいく診療を届ける上でも、大きな意義をもちます。皆さんが、充実した生活を送れるよう、お手伝いできればと考えていますし、さらによりよい病院になるよう一緒に変えていければと思っています。

渡邊 毅

職名:
助教
資格:
日本耳鼻咽科学会認定耳鼻咽喉科専門医、日本耳鼻咽科学会認定補聴器相談医、厚生労働省認定臨床研修指導医、身体障害者福祉法第15条身体障害者認定指定医、共用試験実施評価機構公認認定外部OSCE評価者
メッセージ:
初期臨床研修必修化の過渡期に、怒涛のような研修医時代2年間を過ごしたことが今では大昔のようです。でも、その時に学んだことは今でも自分の医師としての土台として残っています。反省もいろいろあって、あの時こうしていたらな…とか、これは研修医時代にやっておきたかったな…などと悩んだこともたくさんあります。自分の経験そして今まで初期研修医の先生と関わらせていただいたことをベースに、皆様の大切な二年間がさらに実りある二年になるように尽力する所存です。自分のほうが教えていただくことも多いかとも思うのですが、どうぞよろしくお願いいたします。

古賀 智裕

職名:
助教
資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本リウマチ学会専門医
メッセージ:
私は現在リウマチ膠原病内科の診療に従事していますが、研修医時代(スーパーローテート初期研修2期生)に学んだプライマリケアの知識と経験は不明熱等の診断が困難な症例においても大いに役立っています。主に上五島病院での地域基盤プライマリケア外来研修の指導を担当させて頂きます。診断から治療に至るまでのプロセスをともに学びましょう。また約3年間の海外留学(Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, 2011-2014)の経験をもとに、国際的に活躍できるリサーチマインドを持った研究者を目指す方のサポートも行います。

久保 至誠

職名:
歯科教育研修部門 副部門長
資格:
歯学博士、厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医、日本歯科保存学会認定保存治療指導医
メッセージ:
教育は、人生における可能性を広げ、非常に重要だとの思いから、臨床教育部門に異動して早10年が過ぎました。一昨年から卒後臨床教育に本格的に携わるようになりましたが、私の思いが研修歯科医の皆さんになかなか伝わらなく、内心忸怩たる思いがあります。皆さんのスキルアップ、キャリアアップのため、さらには将来歯科界のため、長崎大学病院歯科医師研修プログラムがより良いシステムになるよう尽力していることだけは確かです。

宮﨑 智子

職名:
看護研修部門 部門長
資格:
看護師
メッセージ:
当院は、全国国立病院の中でも認定看護管理者・専門看護師・認定看護師の総数は全国でもトップクラスで、スペシャリストとして高度なテクニックやスキルを駆使し活躍しています。また幅広い知識や技術・経験をもち、どんな看護分野でも患者をケアすることが出来るジェネラリストも大勢います。キャリアパスを構築し、自らキャリア形成し質の高い看護者になれるよう看護研修センターと共に皆様をサポートいたします。

北原 隆志

職名:
薬剤研修部門 部門長
資格:
博士(薬学)、日本医療薬学会認定薬剤師、日本医療薬学会指導薬剤師、日本病院薬剤師会感染制御専門薬剤師、日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師、インフェクションコントロールドクター(ICD)
メッセージ:
今日の医療現場ではチーム医療がドンドン進んでいます。
そこでは薬剤師もチームの一員として最適な薬物治療を患者さんに受けてもらうために、 薬学的な専門知識を駆使して活躍しています。
そのためにはこれまでの製剤学、薬物動態学、薬理学といった知識にくわえて、患者さんの状態をつかむフィジカルアセスメントの知識とスキルも必要となります。
センターではこれらの知識とスキルの習得のため1年間の研修コースを行っています。
一緒に学んで、より治療に貢献できる一歩進んだ薬剤師を目指しましょう!

南 惣一郎

職名:
コメディカル等研修部門 部門長(副医療技術部長、臨床検査技師長)
資格:
臨床検査技師、臨床工学技士
メッセージ:
私が所属しております医療技術部は、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、臨床工学技士、歯科衛生士、歯科技工士、その他職員の多職種(170名)で組織されています。各職種には、博士課程修了者、認定資格者等が多数在籍しており、自大学学生、他大学・養成校学生の臨地実習の受入れや、他施設からの研修生受入れを行っております。(詳細は、病院ホームページ、病院概要の病院評価指標、教育をご覧ください)

長谷敦子

職名:
救急医療教育室室長・教授
資格:
日本麻酔科学会指導医、日本救急医学会専門医・指導医、日本蘇生学会指導医、厚生労働省認定臨床研修指導医、JATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)インストラクタートレーナー及びコースディレクター、ICLSコースディレクター、DAM (Difficult airway management)インストラクター、日本DMAT隊員
メッセージ:
地域の教育病院で、救急外来業務を一緒に行いながら、ウォークインから救急車搬送の患者まで、幅広く対応できるスキルとマネージメント力を身につける臨床教育を行っていこうと考えています。また、シミュレーション教育にも力を入れます。大学病院救命救急センターでの研修と合わせて、満足度の高い救急医療教育を目指していきますので、期待してください!

林田 正昭

職名:
事務職員
メッセージ:
事務室のスタッフとして、皆さんの研修がスムーズに進むようサポートしていきます。 事務室にもお気軽にお立ち寄りください。

木附 信慶

職名:
事務職員
メッセージ:
皆さんの臨床研修がより充実したものとなるように、長崎大学病院を選んで良かったと思っていただけるように、医療教育開発センターはその2年間をしっかりサポートします。不明な点等ありましたら、気軽にお立ち寄りください。

野口 知樹

職名:
事務職員
メッセージ:
歯科研修医のサポート全般を担当しております。みなさまが気持ちよく研修ができるようにがんばりますのでどうぞよろしくお願いします!

稲田 文香

職名:
事務職員
メッセージ:
長崎での研修を楽しく過ごしていただけるよう、地域情報もサポートいたしますので、ご遠慮なくお尋ねください!

森 美紀子

職名:
事務職員
メッセージ:
皆さんが楽しく有意義な研修生活をおくれるようお手伝いしていきます。
些細なことでもお気軽にお声をおかけください。

松本 美波

職名:
事務職員
メッセージ:
みなさんが気持ちよく研修に打ち込めるような環境づくりをしていきたいと思います。

馬場 絵里佳

職名:
事務職員
メッセージ:
みなさんが学びやすい環境づくりにつとめます。いつでもご相談ください。

花井 寿々子

職名:
事務職員
メッセージ:
シュミレーションセンターの予約管理と、救急医療教育室の事務をしています。
みなさんが楽しく研修できるように努めます。お気軽にお問い合わせお立ち寄りください!

大平 真弓

職名:
事務職員
メッセージ:
より良い研修環境を作るよう努めます。どうぞ宜しくお願いいたします。
  • 医療教育開発センター
  • 病院見学
  • 募集要項
  • 説明会・イベント
  • シュミレーションセンター
  • キャリアの軌跡
  • フォト&イベント開催実績
  • カウンセリング
  • リンク集

Change!長崎大学病院

STAFFブログ

Facebook

看護部

薬剤部

長崎大学病院

鳴滝塾