13階東病棟

13階東病棟は、泌尿器科と腎臓内科の混合病棟です。

13階東病棟では、先進医療技術を駆使した、外科的・内科的治療を受ける患者さんを対象に、多種多様な看護を経験することができます。
尿路変更や透析導入に伴い生活スタイルが変化する患者さんに対して、セルフケアの獲得に向けた生活指導などを行っています。
退院されてからも安心して日常生活が送れるよう、患者さんやご家族に寄り添い、入院時から退院後の生活を見据えた看護に取り組んでいます。
病棟内のスタッフは、疾患グループに分かれており、互いの知識向上に向けて部署内の勉強会を活発に行っています。
スタッフ間のコミュニケーションも良く“誰にでも・いつでも・いつまでも”話がしやすい温かい雰囲気の病棟です。


13階西病棟

13階西病棟は血液内科病棟です。

血液内科は化学療法や造血幹細胞移植を受ける患者さんが多く、感染防止に力を入れています。
病院内で唯一無菌室が設置されており、病棟内は常にきれいな空気が流れています。
入院期間中は治療の副作用症状や感染予防行動の指導を行い、退院後も患者さんが自身でセルフケアを継続できるよう支援しています。
血液内科の患者さんは入院が長期に渡る方が多いため、他職種と連携しながら、日々の生活を安心安全に過ごすことができるような支援に努めています。


12階東病棟

12階東病棟は、リウマチ・膠原病内科、内分泌・代謝内科、乳腺・甲状腺外科からなる内科や外科の混合病棟です。

当病棟は、手術、放射線療法、化学療法、RI治療など様々な治療を行っており、患者さんが安心・安全に入院生活を過ごすことができるように、患者さんに寄り添い質の高い看護が提供できるよう、日々努力しています。また、退院後に在宅でも安心して過ごせるように患者教育に力を入れ、医師・看護師をはじめとした様々な職種を交えた情報交換を定期的に行い、在宅支援に力を入れています。


12階西病棟

12階西病棟は呼吸器内科・呼吸器外科の病棟で、主に肺がんや肺炎、感染症の患者さんの看護を行っています。

当院は全国で10施設、九州では2施設のみ認可されている肺移植ができる病院で、生体・脳死肺移植の患者さんの受け入れ病棟でもあります。
手術や化学療法などの治療を受けられる患者さんが、安心して入院生活が過ごせるように、医師や看護師・理学療法士などの多職種で定期的にカンファレンスを行っています。忙しい病棟ですが、患者さん一人一人に寄り添った看護を提供できるよう、毎日笑顔で頑張っています。


11階東病棟

11階東病棟は耳鼻咽喉科、麻酔科、脳神経外科などの混合病棟です。

耳鼻咽喉科は、耳鼻疾患や頭頸部腫瘍などの患者さんに対し、手術、放射線治療、化学療法など様々な治療を行っています。「話す、聞く、食べる」ことが難しくなった患者さんが、少しでも元の生活に戻れるよう、地域医療連携センターやリハビリテーション部と連携をとりながら、より良い看護が提供できるよう頑張っています。
また、混合病棟で様々な診療科の患者さんを看る病棟であり、疾患や治療の知識向上のため、積極的に勉強会等を開催しています。


11階西病棟

11階西病棟は形成外科と口腔外科の病棟です。

形成外科は、重度熱傷・褥瘡・交通事故、赤ちゃんの口唇など大人から子供まで治療を行っています。また、最先端の再生医療にも積極的に取り組んでいます。
外傷センターは主に交通外傷などで怪我をした患者さんが入院しています。熱心な外傷センターの医師と理学療法士と協力し、早期離床に取り組んでいます。
口腔外科は歯科医が、親知らずの抜歯や炎症・口の中の腫瘍を治療します。病棟には歯科のユニットが設置されており入院患者さんはもちろん、夜間や休日の緊急外来患者さんも当病棟で診察をします。
赤ちゃんから学生、お年寄りの方など幅広い年齢層の患者さんが入院している病棟です。病棟スタッフ一同笑顔で毎日頑張って働いています。


10階東病棟

10階東病棟は、心臓血管外科・放射線科の混合病棟です。

心臓血管外科では、主に狭心症・弁膜症・大動脈瘤など心臓疾患を抱えた患者さんに対し手術が行われており、術後は早期回復に向けた心臓リハビリテーションに力を入れています。またVAD(植込み型補助人工心臓)装着をされた患者さんが、安心して在宅療養に向けた自己管理ができるよう多職種や10階西病棟とも連携を図りながら専門性の高い医療・看護を提供しています。
放射線科では、放射線療法・化学療法を受けられる患者さんが安心して治療に臨めるように努めています。特に自己体調管理チェックシートを用いることで患者さん一人一人にあった体調管理指導を行い、他部門とも連携し効果的に治療が受けられるように支援しています。
多職種でのチーム力を強みに笑顔の絶えない病棟です。


10階西病棟

10階西病棟は、循環器内科の病棟です。

急性期から慢性期まで、循環器疾患看護を実践しています。
患者さんに、安全で安心と信頼を得られる療養生活が提供できるよう、多職種によるチーム医療、地域の関係職種と連携した継続看護を推進しています。
循環器内科では、毎週木曜日に循環器内科医師、病棟看護師、外来看護師、理学療法士、薬剤師、栄養士などの多職種が参加し、様々な側面から患者さんの治療や生活の質がより高められるように心臓リハビリテーションカンファレンスを行っています。


9階東・SCU病棟

9階東病棟・SCUは脳神経疾患を持つ急性期の患者さんが多く、超急性期の脳卒中ケアユニット(SCU)を併設しています。

4月から病棟4名、SCU2名のフレッシュナースを迎え、患者に寄り添った看護を実践し、質の高い看護を提供できるように頑張っています。
医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、摂食嚥下チーム、ソーシャルワーカーなど多職種で共同・連携し、早期回復と退院支援に向けてチームワークを大切に笑顔で取り組んでいます。


9階西病棟

9階西病棟は、眼科・脳神経内科・脳神経外科の病棟です。

視覚障害や神経難病の診断・治療を行うと共に社会復帰に向けた在宅支援にも力を入れています。
眼科では定期的にスタッフ勉強会を行い、疾患や治療の知識向上を目指しています。
脳神経内科では週に1回、医師・看護師・リハビリスタッフなど多職種と連携しカンファレンスを行い、治療方針・リハビリ・退院支援についての情報共有を行っています。


8階東病棟

8階東病棟は、消化器外科病棟です。

肝胆膵、胃食道、大腸肛門外科疾患患者の手術・化学療法を行っています。また、肝臓移植や終末期の様々な患者さんが入院しています。
私たちは、患者さんやご家族の方の思いを大切に、入院時から在宅状況や転院等について要望を聞きながら、意思決定支援を行っています。
手術後はより安全に離床を進め、安心して社会復帰できることを目指して看護を行っています。
人が生きていく上で、最後までおいしく食べられ、しっかり排泄できるようスタッフで協力しながら頑張っています。


8階西病棟

8階西病棟は、消化器外科・内科の混合病棟です。

患者さんが外科手術や内視鏡手術、化学療法などの治療を受け、早期回復・退院ができるように医師や看護師、理学療法士などの多職種で定期的にカンファレンスを行っています。
スタッフ一同チームワークを大切にしており、毎日笑顔が絶えない病棟です。
今年新たなメンバーを迎え、さらにより良い看護を提供できるようチーム一丸となって取り組んでいます。


7階東病棟

7階東病棟は、消化器内科と皮膚科・アレルギー科の混合病棟です。

消化器内科では、主に内視鏡治療や化学療法、ラジオ波治療、肝移植前後の検査等を行っています。皮膚科・アレルギー科では、主に外用治療や光線療法、皮膚腫瘍摘出術を行っています。
様々な疾患、幅広い年代の患者さんが入院していますが、医師や薬剤師、理学療法士など、多職種で連携を図りながら、日々業務に取り組んでいます。
患者さんが、安心して入院生活を送ることができるように、患者さんに寄り添える医療の提供を目指している病棟です。


7階西病棟

7階西病棟は、婦人科、消化器内科、皮膚科・アレルギー科の女性病棟です。

手術や化学療法、放射線治療を受ける、急性期をはじめ幅広い病期の患者さんが入院しています。
入院中、患者さんやご家族が、安心して日々過ごせるよう、多職種と連携し、安全な看護の提供を目指しています。患者さん・ご家族に寄り添い、笑顔と優しさをモットーとする病棟です。


6階東病棟

6階東病棟は小児科、小児外科の病棟です。

小児病棟には、様々な疾患をもつ子どもたちが入院しています。
私たちは入院されている子ども達に発達段階に応じた看護を提供し、入院されている子供たちの健やかな成長を目指し日々奮闘しています。

当病棟には、たんぽぽ学級という院内学級があり、長期入院の子どもたちは治療を受けながら、その日の体調に合わせて楽しく学習しています。また子ども達が季節感を味わい少しでも入院生活を楽しく過ごせるよう、医療スタッフやたんぽぽ学級の先生、保育士の方と子ども達で、七夕会やクリスマス会など季節ごとのイベントを行っています。
子供たちの笑顔に癒されながら、子ども達とそのご家族に寄り添い、PNSの充実、多職種と連携しながら明るいスタッフ全員で看護を提供しています。


NICU・GCU

NICU・GCU(新生児集中治療室・継続保育室)は、新生児の集中治療室として内科・外科を問わず、早産児・低出生体重児・緊急母体搬送で出生した新生児を受け入れて、治療・看護を行っています。

NICUでは特に集中管理の必要がある疾患を持った赤ちゃんを対象に日々細かに全身の観察やケア等を行っています。
GCUでは、NICUと連携して母児同室や退院に向けた看護も行っています。
お母さんお父さんへは沐浴や赤ちゃんに必要な医療的ケアが行えるようにサポートしています。また、母乳育児を推奨しており、直接授乳・搾乳の指導や介助にも力を入れて取り組んでいます。
出生後からご家族と離れての入院となるため愛着形成の看護を心がけ毎日赤ちゃんとご家族に関わっています。
NICU・GCUは2019年3月に3階に引越ししました。NICU12床、GCU12床に増床し、スタッフ一同一丸となって頑張っています。


6階西病棟

6階西病棟は産科の病棟です。

当院はより高度で専門的な周産期管理を行っており、他院からの母体搬送も多く受け入れています。
妊娠・分娩・産褥を通して、医師と助産師が連携し、安心・安全なお産を目指します。また、産後は安心して家庭生活が送れるよう、体調に合わせて母乳育児を中心に積極的に育児支援に取り組んでいます。
さらに、10月にはハイリスク分娩の可能性がある母と胎児を集中して管理するMFICU(母体胎児集中治療室)が開設される予定のため、その準備に励んでいます。


5階東病棟


5階東病棟は整形外科病棟です。

運動器疾患を専門に手術や化学療法などを受ける小児から高齢者の幅広い年齢の方が入院しています。術後早期に安全に離床を行い、合併症予防をしながら、患者さんが日常生活に復帰することを目標に支援しています。
医師や理学療法士・薬剤師・医療ソーシャルワーカー等の他職種と連携し、安心して退院していただくため、常にスタッフ間で声をかけあい日々の業務に取り組んでいます。


5階西病棟


作業療法での患者さんの作品
5階西病棟は、開放病棟・閉鎖病棟からなる精神・神経科病棟です。

精神障害のために日常生活を送ることが困難な患者さんに精神的・身体的・社会的側面から社会復帰に向け、【精神保健福祉法】に基づいた医療・看護を提供しています。
また、作業療法・心理教育(勉強会)・レクレーションなどを通して患者さんの気持ちを引き出し、退院後の生活を見据えた日常生活の援助・日々の安全の確保に努めています。


国際医療センター2階

国際医療センター2は、高度救命救急センター(外来)、病棟(救急科、外傷センター)、血管造影室において、緊急性の高い患者さんの対応や、重症度の高い病気、外傷の患者さんに対して全身管理を主体とした看護を提供しています。

患者さんとそのご家族に対し、より質の高い看護を提供できるよう、医師・薬剤師・理学療法士・ソーシャルワーカーなど院内のあらゆる職種と連携しながらケアを提供するとともに、栄養サポートチーム・褥瘡対策チームなどのチーム活動にも積極的に参画しています。現場の雰囲気は明るく、スタッフ間で助け合いながら日々業務を行っています。


国際医療センター1階

国際医療センター1階は、感染症内科・国際ヒバクシャ医療センター、総合診療科の混合病棟です。

国際医療センター1階では、細菌、真菌、ウイルスなどの感染コントロールや呼吸器疾患、原因不明の発熱などの症状を抱えている方が入院されており、専門性の高い治療を行っています。
また、当院は第一種感染指定医療機関で、県内外の感染症制御としての機能を果たしています。感染制御教育センターの指導のもと、一類感染症に罹患された方の受け入れがいつでもできるよう、スタッフ一同感染対策やシミュレーションなどに日々取り組んでいます。