整形外科各講座ホームページ

当診療科について

整形外科は運動器の疾患を扱う診療科であり、脊椎と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手外科」、「肩関節外科」、下肢を扱う「股関節外科」、「膝関節外科」、「足の外科」、スポーツによる故障を扱う「スポーツ医学」、けがや障害を扱う「外傷外科」、リウマチや膠原病を扱う「リウマチ外科」、腫瘍を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、小児を扱う「小児整形外科」など多数の専門分野があります。また、新生児から高齢者まで幅広い年齢層を対象としており、その内容も多様です。
長崎は整形外科学を含め日本の医学の入り口であり、長崎から新しい医療を全国に発信してきました。長崎大学整形外科教室はこれまでの良き伝統を守りつつ、教室員一同力を合わせ、長崎から国内外に最先端の研究、教育、医療を発信していきたいと考えています。

対象疾患

  • 変形性関節症・骨壊死・骨軟部腫瘍・膝スポーツ外傷
  • 腰部脊柱管狭窄症・肩腱板断裂 など

専門外来

  • 脊椎専門外来
    固定材料を使用した脊椎再建術、顕微鏡、内視鏡を使用した脊椎小侵襲手術、関節リウマチ、透析患者の脊椎手術
  • スポーツ専門外来
    スポーツにより発症する肩、肘関節疾患、膝靱帯、半月板損傷、足関節疾患等に対する手術療法、装具を使用した治療法
  • リウマチ専門外来
    関節リウマチの最新の薬剤も使用したコントロール、人工関節手術、脊椎手術、リウマチ特有の病態の手術、装具療法等
  • 手外科専門外来
    手の疾患に関する人工関節手術、腱移行術、関節固定術、装具療法など
  • 小児専門外来
    小児の先天異常、骨系統疾患などに対する保存療法、装具療法、手術療法。
  • 骨軟部腫瘍専門外来
    骨軟部の腫瘍に対する外科的治療や化学療法
  • リハビリテーション外来
    院内紹介の入院・外来患者対象。診断書作成のための身体計測。義肢・装具の製作・調整。

外来担当医

 
午前 尾﨑 誠
富田雅人
米倉暁彦
辻本律
梶山史郎
田上敦士
千葉 恒
土居 満(外傷)
野村賢太郎
  富田雅人
宮本俊之(外傷)
松林昌平
岡崎成弘
津田圭一
山田周太
小林恭介
横田和明
田口憲士(外傷) 松林昌平*
田上敦士
梶山史郎
千葉 恒
野村賢太郎
中添悠介
江良 允*(外傷)
白石和輝
午後          

* 金曜午前の松林医師の外来は第2,4のみ、江良医師の外来は第1,3,5のみです。