口腔外科

当診療科について

口腔外科では、智歯抜歯から口腔内に生じる良性腫瘍、悪性腫瘍、さらには口腔外傷や睡眠時無呼吸症候群などを診療しています。当診療科は県内口腔外科診療の中心となり、高度医療の提供にあたると同時に地域の診療所との連携についても力を入れています。多数の臨床研究にも参画しており、複数の大学および病院歯科と多施設共同研究を行っており、一人一人の患者さんから得られる問題を詳細に検討して新たな病態を解明し、その結果を診断・治療へと繋げる努力を重ねています。

対象疾患

  • 埋伏智歯、顎骨囊胞
  • 口腔腫瘍(顎口腔領域の良性・悪性腫瘍・嚢胞性疾患)
  • 顎変形症(顎骨のゆがみ、咬合不全) 
  • 口腔内科(口腔乾燥症、舌痛症、粘膜疾患)

*上記疾患に加え、有病者歯科なども診察しています。いつでもご相談・ご紹介ください。

診療内容

日本口腔外科学会、日本口腔腫瘍学会、日本口腔インプラント学会の指導医・専門医・認定医が多数在籍しており、医科診療科および他の歯科診療科とも連携し、診療を行っています。

  • 上記対象疾患に対する外科手術を全身麻酔もしくは局所麻酔下に行っています。
  • 全身疾患を有する患者さんの外科手術も医科主治医と連携して十分な管理下で行っています。
  • 睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対してマウスピースを作製し、改善を図る治療

外来担当医