ホーム > 医療教育開発センターとは > スタッフ紹介

医療教育開発センターとは

スタッフ紹介

センター長
教授 浜田 久之
副センター長
教授 高畠 英昭
医科卒後研修部門
医科卒後研修部門長 兼 医師育成キャリア支援室 室長 教授 松島 加代子
医科卒後研修部門 副部門長 准教授 牟田 久美子
医科卒後研修部門 副部門長 講師 一ノ宮 大雅
医師育成キャリア支援室 副室長 講師 立石 洋平
医師育成キャリア支援室 室長補佐 助教 清水 俊匡
キャリア支援室 室長補佐 医員 芦塚 翔子
医師育成キャリア支援室 副室長 医員 福本 将之
講師 古賀 智裕
助教 梅田 雅孝
助手 大塚 絵美子
歯科教育研修部門
歯科教育研修部門長 教授 角 忠輝
歯科教育研修部門 教授 鵜飼 孝
長崎医療人材育成室 (N-MEC) 歯科 助教 野田 さわこ
看護キャリア支援部門
看護キャリア支援部門 看護部長 小渕 美樹子
薬剤研修部門
薬剤研修部門長 兒玉 幸彦
医療技術職研修部門
医療技術職研修部門長 福田 徹
外来医療教育部門 兼 特定行為部門
外来医療教育部門長 兼 特定行為部門長 特定教授 泉野 浩生
長崎医療人材育成室(N-MEC)
長崎医療人材育成室(N-MEC) 助教 荒木 智徳
シミュレーションセンター部門
シミュレーションセンター部門長 准教授 石本 裕士
シミュレーションセンター副部門長 准教授 大坪 竜太
シミュレーションセンター副部門長 看護師 中山 龍彦
地域医療支援センター部門
センター長(医療教育開発センター長) 浜田 久之
副センター長(シミュレーションセンター副部門長) 大坪 竜太
講師 渡邊 毅
助教 塩田 純也
助教 木谷 聡一郎

スタッフからのメッセージ

浜田 久之

職名:
センター長 教授
資格:
博士(医学)、博士(教育)、厚生労働省認定臨床研修指導医、内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本内視鏡学会専門医、産業医、インフェクションクションコントロールドクター、トロント大学Clinical teacher及びトロント大学医学部地域家庭学アカデミックフォローコース修了
メッセージ:
自分の将来の'キャリア'を考えたことはありますか?先のことなんて、わからないですよね。でも、せっかくですから考えてみましょう!
まず、辞書で'Career'という単語を引いてみました。
【経歴、履歴。生活手段としての(特に専門的な)職業。その職業での成功や出世の意味。発展するという意味。At full career 全速力で!動詞では、疾走する、突進する。】なるほど、面白いですね。 'キャリア'という言葉は、なかなか日本語では表現がしにくい言葉のようです。もしかしたら、日本語には(日本人には?)そういう概念があまりないのかもしれません。
昔は職人だったら、弟子入りして親方のやることを見様見まねで仕事をして、黙って親方の背中をみて育ってゆく。サラリーマンだったら、部署に配属されてそこの文化にどっぷり染まって上司の言われたとおりに仕事をやってゆく・・・。 あまり、将来を考えないシステムだったのかもしれません。そういう仕事のやり方や職業感は、日本の成長の原動力だったはずです。右肩上がりの経済で、終身雇用制度がしっかりした時代なら、それはそれで素晴らしいシステムと思います。
しかし、今は、激動の社会です。確固なシステムや未来永劫安定したシステムなど存在しないかもしれません。自由な社会であるかもしれませんが、自分で判断し自分で責任をとらなければならない社会となってきているような気がします。
さて、このような時代に医師としてのキャリアをどう積み上げてゆくか、それはとても難しい問題かもしれません。そして、答えは、各々違ったものとなるでしょう。でも、やはり人の意見や考えを聞くことは重要なことだと思います。 そして、相談することはさらに大切なことだと思います。相談することにより様々なヒントや考え方があることに気づくでしょう。そして、あなた自身が、自分が考えていることに気づくかもしれません。よくあるでしょう、友達と話している時、"あっ、自分って、こう思っていたんだ"という瞬間が。 気軽に相談しに、遊びに来てください。様々なキャリアを積んだスタッフと楽しく話せると思います。
私たちは、"キャリア"は、ひとりで作れるものでなく、様々な人の出会いとその方々からの助けにより形作られていくものだと信じています。そして、そこに生まれるのは、人生の喜びであり感謝であろうと願っています。あなたの素敵なキャリアのスタートを私たちがサポートできれば幸せです。そして、あなただけでなく、周りの人も幸せになるようなキャリアを積んでもらったら・・・最高です!
主なエッセーや教育関連論文
2021年 研修医通信2021「外来診療の達人をめざそう!」
2020年 研修医指導マニュアル Kindle版
無料で読むことができます。ダウンロードはコチラ
『研修医・成瀬ヒカリが海を見た日~長崎・大型クルーズ船新型コロナウイルス集団感染~』
(DOCTOR’S MAGAZINE12月号にて掲載)
2019年 長崎県地域医療継続支援事業に関するアンケート調査の報告(長崎県医師会報6月号第881号)
新・鳴滝塾について(つたえる県ながさき 2019年7月号vol.39)
2018年 連載小説「坂の途中シーズン2」
鳥越絹代、浜田久之、貞方三枝子、中村裕子
研究報告 ロールプレイを導入した実地指導者研修の効果
長崎県看護学会誌 第14巻 第1号 平成30年5月発行
2018年医師臨床研修マッチング結果報告
2017年医科初期研修マッチング報告 ~高水準で推移する長崎県下マッチングの現状~
『思案橋に夜9時でよかですか?』
(日経メディカルにて連載)
新制度、おまえはもう…
指導医は教え損?
初期研修後の3年目は自由にしたいのですが…
若手医師を育てる「Teaching Skill」講習会
【第1回】新しい武器を身に付けませんか?
【第2回】自己紹介をしてますか?
【第3回】「研修の目的」を伝えてますか?
【第4回】教育は、感染する(私の失敗)
【第5回】アンガーマネジメント
【第6回】あなたのティーチングスタイルは?
【第7回】何を教えるのか
【第8回】フィードバックとは、何だ?
【第9回】褒めて育てる? 叱って育てる?
【第10回】あいうえおPNP
【第11回】組織の問題を三視点法で分析する
【第12回】振り返り学習法
2017年 鳥越絹代、貞方三枝子、中村裕子、浜田久之、妹川美智、宮原眞千世、大山祐介、宮崎智子
実地指導者・教育担当者研修における新人看護師を模したロールプレイの導入 第1報
日本医療マネジメント学会雑誌 17(suppl): 369 -369 2016
ぐびろが丘新聞第22号(平成29年9月27日発行)
1ページ「好評!!医学部5年生が、薬剤師の先生へ教えています~教えながら学ぶ~」
連載小説「坂の途中」
日医ニュース第1343号(平成29年8月20日発行)
8ページ『勤務医のひろば』
確実に身体診察『外来必携2』Kindle版
浜田 久之、 長谷 敦子 共著
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラ(99円)。
2016年 2016年医科初期研修マッチング報告
~県過去最高118名。長崎大学は全国1027病院中6位、奇跡の「フルマッチ」達成~
(長崎県医師会報 平成29年1、第852号)
連載小説『ハッピー♡マッチ』
電子書籍でも購入できます。 購入方法はコチラから。
『思案橋に夜9時でよかですか?』
(日経メディカルにて連載)
研修好調のゲンインはゲイイン?
復活のからあげを頬張りながら
マッチングは水商売(その3)アンマッチこそ化けるかも?
マッチングは水商売(その2)先生、こっち側になっちゃいますよ
マッチングは水商売
崎長ライト、フィリピンを行く(その6)素人目線が衝撃的でした
崎長ライト、フィリピンを行く(その5)嘘だろ~! 日本人は遠慮するもんだぜ~
崎長ライト、フィリピンを行く(その4)シスターの店に夜9時でよかですか?
崎長ライト、フィリピンを行く(その3)このスラムに研修医を立たせたい
崎長ライト、フィリピンを行く(その2)100パー、死・に・ま・す
崎長ライト、フィリピンを行く(その1)
「大丈夫、来年の今頃は笑って後期研修している…はず」
「また「新」制度かよ~、って感じですよ」
2015年 『研修医のための外来必携』Kindle版
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラ(99円)。
『崎長ライト、熊本へ』
(日経メディカルにて連載) 『日経メディカル』平成28年1月~8月の記事ランクング1位
(その1)帰還したDMAT第1陣、「歓迎」に心震えた
(その2)指令、ノロキットを受け取り阿蘇へ
(その3)思わず口に出た“やばい”提案
(その4)待ち焦がれた頼もしいリーダーが到着
『医師の指導力向上本 研修医/専攻医を集めるために指導力を向上させよう』
(電子書籍出版工房)
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラ(無料)とコチラ(99円)。
『夢のある新しい専門医制度に』
(ドクターズマガジン1月号Doctor's Opinionより)
「若人が集う病院作りの試み」(月間新医療 1月号より)
連載小説「フルマッチ」
電子書籍で購入できます。 購入方法はコチラから。
2014年 医師臨床研修到達目標達成における外来研修プログラムの効果
長崎県における研修医獲得と育成について~教育マインドの熱い長崎で研修医を育てる~
「患者さんの問題点を見極めよう! ~Gから始まるABC!~」
(本当に知りたかった日常診療のコツ
 医療面接・診察・検査のあれこれを教えます
 レジデントノート別冊 ズバリ! 日常診療の基本講座1 )
2013年 「カナダの家庭医療」
(月刊カレントテラピー vol.32  総合診療―その歴史と現在、未来―(2014年2月)より)
2012年 医学教育理論を応用した戦略により、大学病院の経営と教育の改善を両立する試み
長崎大学病院 東日本大震災医療支援活動報告集「絆」
DOCTOR’S MAGAZINE 9月号
kokutai 2012.8月号
kokutai 2012.7月号
kokutai 2012.6月号-2
kokutai 2012.5月号
kokutai 2012.2-3月号
kokutai 2012.1月号
薬剤師のフィジカルアセスメント教育とその実践(PharmaScope 2012.1月号)
病棟業務の質を上げるフィジカルアセスメント(月刊薬事 2012.1月号)
2011年 長崎県下における薬剤師のためのフィジカルアセスメント修得コースの構築とその評価
新任教授のご紹介(長崎大学病院広報 ポンペ9月号)
若人の集う長崎大学/長崎県を目指して(長崎医学同窓会広報誌「百朋」)
新・鳴滝塾始動!(県民だより)
中堅看護師のためのキャリア開発ワークショップの試み
2010年 カナダ・オンタリオ州における研修医の労働環境
客観的指導能力評価(OSTE)の実施と分析
2010 The Objective Structured Teaching Evaluation(OSTE)
医師会報vol008
医師確保対策(県民だよりvol.4)
2009年 教育理論を活用した一般病院での臨床研修システムの改善の試み
日本最西端から日本一の研修病院を目指す!~長崎医療センター、長崎大学での取り組み~
レジデントノート 6月号
すぐれた専門医を育成する日本トップクラスの大学病院を目指して(長崎医学同窓会広報誌「百朋」)
2008年 Mcgill 混合医療(International perspective on mixed health care Japan)
医師会留学体験記(カナダのプライマリケアと医学教育)
2007年 家庭医 Eric(Globally speaking A North American initiative to increase Japanese student interest in Family Medicine)
カナダにおける専門職間教育の新しい流れ
2006年 GIM 外来研修(Report on Ambulatory Teaching A Japanese look at the Canadian Educational System)
OME 研修医への対応(Adapting an Effective counseling Model from Patient-centered Care to Improve Motivation in Clinical Training Progurams)
カナダのプライマリケア ~カナダの家庭医学の歴史と現状分析~
2005年 自己決定的な学習と地域立脚型クリニカル・クラークシップ
カナダにおける卒後臨床研修プログラムの第三者評価について
2001年 総合診療科の機能 ~2 複雑な医療モデルへの対応~
カナダの医学生や研修医について記録したエッセーです!
Vol1 Vol2 Vol3 Vol4
Vol5 Vol6 Vol7 Vol8
Vol9 Vol10 英語版  

高畠 英昭

職名:
副センター長 教授
資格:
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医、日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、産業医
メッセージ:
私は2年目の研修先であった浜松医療センターで脳血管内治療におけるマイクロカテーテルの手技を学び、また嚥下造影検査の手法を学びました。
その後、長崎大学で最初の脳血管内治療医となり、約20年間、県内の脳血管内治療の普及に努めてきました。そして、それと並行して行ってきた脳卒中患者における嚥下障害治療を通じて、最終的にリハビリテーション科医となり長崎大学病院で初のリハビリテーション科専従医師として勤務しています。したがって、振り返ってみると、私のキャリアは研修医2年目でほぼ決まったようなものです。
人生にはその時々において様々な出会いや分岐点のようなものがあると思います。ただ、医師になりたての研修医時代が一番多くのことを吸収し成長できる時期です。その大切な期間に学んだことは、大なり小なり、みなさんがこれから医師として過ごして行く上での土台となるものと思います。
長崎大学病院での初期研修がみなさんにとって実りあるものとなるように尽力してまいります。どうぞお気軽に声をかけてください。

松島 加代子

職名:
医科卒後研修部門 医師育成キャリア支援室 室長 教授
資格:
日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会九州支部評議員、厚生労働省認定臨床研修指導医
メッセージ:
私自身、当センターへ配属となり、他院と比較できる立場になってみてはじめて、長崎大学病院での研修医/若手医師の先生方の環境への配慮や変革に対する柔軟性を実感しています。
働きやすい病院であることは、患者さんに対し、満足のいく診療を届ける上でも、大きな意義をもちます。
皆さんが、充実した生活を送れるよう、お手伝いできればと考えていますし、さらによりよい病院になるよう一緒に変えていければと思っています。
主な業績
2021年 『第5回 長崎大学 未来に羽ばたく女性研究者賞』授与式にて優秀女性奨励賞を受賞
2020年 良順教育賞を受賞して(長崎医学同窓会『朋百』vol.150)

泉野 浩生

職名:
外来医療教育部門長 兼 特定行為部門長 特定教授
資格:
臨床研修指導医、救急科専門医、日本統括DMAT隊員、日本臨床栄養代謝学会認定医、病態栄養専門医、PC3(ピーシーキューブ)・SSTTコースインストラクター
メッセージ:
長崎市にまだ救命救急センターがなく、十分な外傷診療もできなかった頃に救急を志す研修医となり、長崎と大阪を行ったり来たりしながら長崎の救急医療・外傷診療の進化を見てきました。救急の現場において、いわゆる“引きの強い”男ですが、救急医療や外傷診療だけでなく、留学先の大阪で災害・栄養・周産期診療に関わるチャンスに恵まれ、進路においても想定外のハプニングも多々あり、たくましく育つことができました。当院の高度救命救急センターは3次救急の患者さんしか受け入れないため、重症度の高い患者さんに限定されますが、人生のスクランブル交差点とも思えるこの現場はいろんなドラマにあふれていて、瀕死の状態から回復していく患者さんでも、残念ながらお亡くなりになる患者さんでも、命を救うだけが私たちの仕事ではないということを感じさせられます。この現場を私と経験してきた研修医の先生たちがいま、続々と指導医講習会を受けておられるのを非常に心強く感じています。
学生・研修医のみなさんには、やりがいと楽しさを感じていただきたいですし、患者さんや他の職種とのコミュニケーションをたくさんたくさん取って、頼られる、相談しやすい存在になってほしいと思っています。これまでの先生たち同様、研修が終わる頃にはきっと「きつかったー!でも最初の頃よりだいぶん成長したー!」という、急変対応だけでなく、全身管理やチーム医療、他診療科とのコラボレーションも学べる研修プログラムとなっておりますので、挑んできてください!ここだけの話ですが、長崎大学病院高度救命救急センターをローテートされる研修医の先生方は、他の施設では学びたくても学べない臨床栄養のレクチャーが無料で受けられます。
主な業績
2021年 「栄養療法ドリル〜評価・指示の出し方から病態の考え方までまるっとわかる100問」 編者
2016年 レジデントノート増刊号「栄養療法がわかる!できる!」 編者

牟田 久美子

職名:
医科卒後研修部門 副部門長
資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本腎臓学会専門医・指導医、透析医学会専門医・指導医
メッセージ:
私が研修医の頃に学んだこと、出会った仲間は時が経っても心の支えです。研修医のみなさんもそうでありますよう、また研修医や専攻医、そして指導医のみなさんが生き生きと働けるように、一緒に色々なことにチャレンジしていきたいと思っています。
アイデア、ご意見がありましたら、ぜひ教えてください。

清水 俊匡

職名:
助教
資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医、厚生労働省認臨床研修指導医
メッセージ:
私は諫早総合病院と長崎大学病院で初期臨床研修を行い、リウマチ膠原病内科を専門としています。医師になって10数年経ちましたが、医師としての基盤は初期研修の2年間で培ったもので詰まっていると感じております。
現在クリニックでの外来研修を担当しております。大学病院とはまた違うクリニックでの外来診療に関して、一緒に考え学びながら診療を進めていければと思っています。

梅田 雅孝

職名:
助教
資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医・登録ソノグラファー・評議委員、日本医学教育学会代議員、厚生労働省認定臨床研修指導医
メッセージ:
研修医の間の2年間は日々成長を実感できる一方、苦労や挫折も多く経験することかと思われます。私自身、研修医時代には多くの苦難を経験しつつも長崎の地で多くの先輩方の熱心なご指導があってこそ無事に研修を終了できたと思っており、その恩返しのために今度は指導医の立場として後輩の皆さんのサポートに尽力したいと思っております。
またTeaching is learning twice over.という格言があるように、教育に携わるため最新のエビデンスの収集を怠ることがないよう学び続けることで、長崎の患者さんへの利益を最大化した医療を提供できるように努めてまいります。
主な業績
2024年 2024年第938号46-52項 長崎県医師会報
2023年 梅田雅孝ら.2023年医科臨床研修マッチング振り返り~念願のV字回復達成~
2021年 Umeda M, et al. ADAM9 enhances Th17 cell differentiation and autoimmunity
by activating TGF-beta1. PNAS. 2021;118(18).
2015年 平成27年度長崎大学病院ベスト指導賞

渡邊 毅

職名:
講師
資格:
医学博士、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会認定 耳鼻咽喉科専門医、日本アレルギー学会 アレルギー科専門医、日本気管食道科学会認定 気管食道科専門医、日本小児耳鼻咽喉科学会会員、厚生労働省認定 補聴器適合判定医師、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会認定 補聴器相談医、厚生労働省認定 臨床研修指導医、身体障碍者福祉法 第15条身体障碍者認定指定医、共用試験実施評価機構認定臨床実習前(Pre.CC)OSCE外部評価者、共用試験実施評価機構認定臨床実習後(Post.CC)OS
メッセージ:
私は皆様と同じようなローテーション型の初期臨床研修を修了しました。20年前のことで研修制度も整備されておらず模索しながら怒涛の2年間をやり遂げたように記憶しています。しかしその2年間は自分の中でも宝物のようで、今でも経験した知識手技・素晴らしい出会い・うれしいことつらいこと、を克明に覚えています。すべてが今の私の臨床能力として根底に残っていると感じています。研修医担当として関わらせていただき、現在では研修制度は整備されてどんどん良くなっているように実感しています。そして、長崎大学病院群もどんどん進化しています。
わたくしは週に一回のプライマリケア外来(ヘリコプターで上五島病院まで行きます!)を担当しています。研修医の先生方の思いや目標を聞かせてもらい、いつも胸が熱くなります。この2年間の研修医生活がさらに実りあるものになるように、微力ではありますが尽力する所存です。一緒にがんばっていきましょう!
主な業績
2023年 日常臨床に役立つチョイ足し耳鼻咽喉科診療エッセンス  渡邊 毅
メジカルビュー社 2023年11月 (ISBN: 9784758308625)
2022年 Introduction of Otolaryngology Outpatient Examination Training Program for junior residents as part of rural regional medical support in Japan.
Journal of general and family medicine 23(6) 363-369 2022年11月  2020年
2021年 初期研修医1年次の臨床能力向上を目的としたジャンプOSCE
(Objective Structured Clinical Evaluation)の試み examinationではなくevaluationを実践して
長崎医学会雑誌 96(3) 141-147 2021年12月
2020年 3Dプリンターで作成した臨床教育用鼻腔副鼻腔モデルの使用経験
日本鼻科学会会誌 59(4) 335-341 2020年12月  

古賀 智裕

職名:
講師(第一内科)
資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本リウマチ学会専門医・指導医・認定ソノグラファー、臨床遺伝専門医
メッセージ:
私は現在リウマチ膠原病内科の診療に従事していますが、研修医時代(スーパーローテート初期研修2期生)に学んだプライマリケアの知識と経験は不明熱等の診断が困難な症例においても大いに役立っています。
主に済生会長崎病院での地域基盤プライマリケア外来研修の指導を担当させて頂きます。
診断から治療に至るまでのプロセスをともに学びましょう。また約3年間の海外留学(Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, 2011-2014)の経験をもとに、国際的に活躍できるリサーチマインドを持った研究者を目指す方のサポートも行います。
主な業績
2023年 4月 日本リウマチ学会 JCR 2023 ICW Excellent Abstract Award
1月 日本リウマチ学会Modern Rheumatology Top Reviewer Award 2022
2022年 2月 日本リウマチ学会Modern Rheumatology Top Reviewer Award 2021
2月 日本リウマチ学会Modern Rheumatology Case Report Top Reviewer Award 2021
2021年 4月 日本リウマチ学会 JCR 2021 ICW Excellent Abstract Award
2月 日本リウマチ学会Modern Rheumatology Case Report Top Reviewer Award 2020
2020年 8月 日本リウマチ学会 JCR 2020 ICW Excellent Abstract Award
8月 日本内科学会ことはじめ 2020東京 指導教官賞
2月 日本リウマチ学会Modern Rheumatology Top Reviewer Award 2019
2019年 9月 EAGOR2019 young investigator award
4月 日本リウマチ学会 JCR 2019 ICW Excellent Abstract Award

大塚 絵美子

職名:
助手
資格:
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析学会専門医
メッセージ:
私は、初期研修1年目を長崎大学病院、2年目を佐世保市総合医療センターで研修しました。現在、医師14年目になり、3児の母ともなりましたが、初期研修期間に学んだことは今でも記憶に残っています。初めてルートをとった時、汗をかきながら頑張っても上手くいかなかったCV挿入、同期と一緒に頑張った輪番当直(本当は指導医の先生のおかげ…)、助かった命、助からなかった命、学会発表での緊張、同期で過ごした楽しいOFFの時間…どれもその後の医者人生において大切な財産の一つとなっています。
今年から、教官の立場でセンターに戻って来ることができ嬉しく思っております。まだまだ未熟ですが、研修医の先生と共にたくさんの経験、成長ができるよう尽力したいと思います。
  • 医療教育開発センター
  • 病院見学
  • 募集要項
  • 説明会・イベント
  • シュミレーションセンター
  • キャリアの軌跡
  • フォト&イベント開催実績
  • カウンセリング
  • リンク集

Go forward! ~ 一歩、前へ! ~

STAFFブログ

Facebook

看護部

薬剤部

長崎大学病院

鳴滝塾

アンケートのお願い