患者さんへ

INDEX
患者さんへ
"病気を治したい"という医療従事者と 患者さんとの共通の思いを実現させるため、 また未来の医療のために必要な「臨床研究」。
その内容、しくみ等についてご説明します。
 現在行われている病気の診断や治療は、長い期間をかけて進歩・発展してきたものです。よりよい医療を提供するために、今も多くの研究がなされています。その中には、たとえば新しい医薬品や医療機器による治療が安全であるかどうか、あるいは効果があるかどうかなどを調べるために患者さんや健康なボランティアの方を対象に実施していくものがあります。このように、直接人に関わってもらわなければならない研究を「臨床研究」と言います。臨床研究は皆さんのご理解とご協力によって成り立っているのです。

 製薬企業が開発を手掛ける薬の多くは、患者数の多い病気を対象にしたものです。臨床研究では、稀にしか見られないような症例数の少ない病気、治療法が確立されていない病気も対象にして研究を行っていきます。また、すでに承認されている薬を組み合わせたり、違う病気に使用してその効果をみたりと、薬の有効な使い方についても研究されます。

 臨床研究というと、「人体実験」のイメージがあるかもしれません。過去に医療の場で人権を無視した人体実験が行われたことに対する深い反省と、絶対に繰り返さないという決意のもとに、臨床研究を行うために守らなければならないルール(ヘルシンキ宣言など)が世界的に決められました。日本でも、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針などたくさんの指針が決められています。現在の臨床研究は、そのルールに則って行われているのです。臨床研究では、ご協力いただく皆さんの安全と人権を最優先に考えています。